my organicのブログ

心理学と栄養学から見えるorganicのこと

自分の過去や事実を歪めて振り返るクセがつくと現状に不満が多くなる

60代半ばくらいの紳士が、my organicで『平飼い卵』を売っていると聞きつけ、新規ご来店くださいました。

聞くと「最近YouTubeでこの卵がいいってよう言ってるんや〜」と3パックのご購入☆

オーストラリアもお好きなようで、ちょっと盛り上がりました。

ありがとうございます!

 

今月に入ってから、お仕事もプライベートも忙しくなり、

ゆっくりブログを書く時間が取れなくなっていました。

 

私の場合、五感を満たし楽しい接触を愉しむのがプライベートであり、

もうひとつのプライベート感覚は、

いろんな本を読み、自分の勉強を進め、知らないことを知り、その立場になって疑似体験をし、主観で意見を持ち、価値観のひとつとして表現していくこと。です。

ほぼお仕事とかぶりますが…

それが好きで、それで生き生きとしてくるSachiyoです。笑

 

ブログが書けなくても、本を読む時間が取れなくても、遠くへ遊びに行けなくても焦ることは何もありません。

時間が限られていると同時に、自分にできることは限られているし、持っている好奇心や向上心を自分の人生全ての時間に費やしたところで、氷山の一角にしか過ぎないこともわかっているつもりです。

それでも、自分の人生を胸を張って生きなくてはならないわけです。楽しみながら、生き生きと。

 

自分自身のこと、他人のこと、これまでの人生のこと。

不平不満を数え上げようと思えばいくらでも出てくるものだけど、

済んだことや変えられないことに不平不満を言っている暇はないし、聞いて付き合う暇もありません。

 

 

気がつけば、このブログはもう、8年も書いています。

(ちなみに日記は29年書いています。笑)

どれだけの方に読んでいただけてるのかは、正直管理ページの数字を見ればわかりますが、

本当の意味で、どれだけの方に何かを届けることができているのかはわかりません。

私が“これを届けたい”というようなことは何もなく、その人なりに受け取れる何かがあって、その人の中に残るものがあればいいな〜と。

それくらいです。

 

それでも、自分のためにインプットとアウトプットを繰り返しながら、どなたかの参考になればこれ幸いと思いながら書いております。

 

浅い中にピュアな本音がある

あなたは何がしたいのか?

あなたはどうしたいのか?

よく聞きますが、

例えば、本当にやりたかったお仕事をできているかどうかなんてわかりませんよね。

 

「あれをやりたい」「これをやりたい」「こんな仕事をしたい」「こんな生き方はしたくない」

よりも、

「こんな気持ちで仕事をしたくない」「こんな気持ちで生きていたくはない」

の方が強かった若い頃からの私。

 

今は、「こんなに素敵なお仕事をさせてもらっている」「こんな気持ちで生きていられるなんて」と変わってきているけど。

本当にやりたかったことはこれなんだ!なんて後から気付くもんですよね?

 

 

『◯◯なんてくだらない」と思えばそうなるだろう。

生きてきた道が本当の自分だとするならば、自分の考え方や捉え方に影響されている以上、きっとどんな仕事でも、くだらなくしてしまうでしょう。くだらない自分なんだから。

そうしてずっと今まで自分に言い聞かせてきたのだから。

 

過去の経験だけで、しかも自分だけの、そして自分と近い人たちからの、さらには又聞き話の、

それだけで知った気になり、狭い事実で判断することの方こそ、なんてくだらないことなのか。と思いませんか?

 

仕事の楽しさを教えてくれた人は過去にたくさんいるけど、ここ数年は随分と年下から学ぶことが多くなりました。

 

自分の弱さに正面から向き合える勇気を持った彼女ら(彼ら)のまだまだ浅い経験と知識の中に隠れているものは、ちょっと他とは違う味わいがあります。

 

真に自分を歪めず振り返れる人など、そういない

その先の人生で、困難や逆境から這い上がる人はゴロゴロいても、

躓き失敗る度に違う価値観を身につけてみた大人は、使う言葉が違い、その言葉が出てくる領域が何より違います。

また、聞かされる側にも、同じ領域の発達や発展がないと、その言葉の真の重みにも気付けないのだと思います。

 

私たちは大人になれば“自然と”そうなることは、まずないようです。

 

自分史を歪めずに振り返れる人は確実に良い風に変わっていきます。

と言うか、それが本来のその人なのでしょう。

人は自分一人の価値観で自分を振り返ったところで、お馴染みの着地しかできない生き物です。

変わらなきゃいけなくなることが予想されるそのフタを、スッと開ける勇気が出ない生き物なんだと思います。

 

自力で向き合える気がしないから深く考えずに忘れたふりをして過ごしている。

あるいは、こまめに「これも自分のため」と何か当たり障りのないことをすることで凌いでいる。

 

本来の自分に戻っていくのは、きっと若い方がいい、早い方がいいに決まっている。

それがどうした。

『今からでも遅くはない』

いよいよこんなことを考えるようになったか…。笑

 

主に40代〜50代の方々にセッションをすることが増えた今日この頃ですが、

この年代の人が本気を出して一皮剥けたら、まじですごいことになるんやざ☆

 

 

さて、右膝にめちゃ長い毛を発見した昨日。一昨日はなかったはず!

今日はもう抜けてなくなっている、、何これ?

 

1週間前に気づいた右肩の宝毛はまだ伸びています。

で?

いや、膝はプライドや柔軟性に関係する、肩は基準や表現に関係するというから。。笑

 

のんびり過ごす週末。

炭はこうやって火をつけて、

f:id:myorganic:20210606165219j:plain

すぐにこうなり

f:id:myorganic:20210606175625j:plain

こう食べれます

f:id:myorganic:20210606181032j:plain

我が家のBBQは、

平日17:30から準備しても19:00には余裕で片付け終わるので、いつでもやってます。

ま、翌日は、こうなりますがね。

f:id:myorganic:20210608065244j:plain

今年はジューンベリーが大豊作でした!

スナップエンドウはグリル焼きが一番です♡

f:id:myorganic:20210607182451j:plain

 で?

いや、こうして自然の中で五感を満たし楽しい接触によって自分自身を維持しているタイプの人だから、何より自分に戻れるっちゅう話です。

今度は、別のタイプの目線から書いてみようかな〜。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。