my organicのブログ

organicと心理学

my organicにできること

my organicの役割

「私たちは食べたものだけから作られているわけではない」

 

organicな食…それは、正直な地球の味を食べること

organicな身体…それは、自然に引き戻されていく本来の体質

organicな心…自分自身の豊かな情緒を味わう自然な心

 

自分のために健康を意識していたいのか、

それとも健全であるために自分を整えるのか?

 

・自分の感情に振り回される

・思考が混乱する

・行動がまとまらない

そんな“散らかり”を分析しながら

 

食と身心バランスを身につけ最高の健康を引き出します☆

f:id:myorganic:20180118095003j:plain

 

my organicは2つの柱を持つお店

1:有機認定オーガニック食品と日用品などが購入できるセレクトショッップ

質と安全性と対価性を追求し、どこかしらで手に入るものと、ここでしか手に入らないものを取り扱っています。


2:最大の結果を手に入れるためのパーソナル指導

数値で見る科学的根拠と現状から分析し、今その人に最もベストな対策で最高の健康を目指します。

自分のための健康健康であるための自分に向けて、ユニークな心理カウンセリング・セッションを行っています!

 

お客様は、カスタマーとクライアントの両方

1:本物のオーガニックを購入したいカスタマー

オーガニックならどれも同じではないことを知り、安心してお買い物を楽しめます。

2:迷いや悩みの多いクライアント

自分流のやり方ではなかなか上手くいかない、何をやっても思うような結果につながらない、専門家の知恵を借りて無駄に消耗しない心と身体の健康管理をサポートします。

f:id:myorganic:20210423105214p:plain

my organicのセッションメニュー

★初回ヒアリング ・・・・・・ 30分 5,000yen

A・スポットアドバイス・・・・15分 3,000yen

B・ボディタイプバランス・・・30分 5,000yen

C・検査リチェック・・・・・・30分 5,000yen

D・体内ミネラルバランス・・・60分 15,000yen

E・リーディング・・・・・・・60分 25,000yen

F ・パーソナリティバランス・・60分 15,000yen

 

▶️各メニューの詳しくは、カテゴリー【my organicについて】をご覧くださいませ。

▶️ショップ&アクセスは 営業時間と予約についてをご覧くださいませ。

▶️セッションのご予約こちらからどうぞ。

 

Instagramやってます▶️https://www.instagram.com/my_.organic1117/

ACO認証コスメ『マイエッセンス』購入はこちら▶️miessencemyorganic

 

 

2022年10月の営業カレンダー

恒例の小松基地航空祭、今年はよりによって行けず、、

これも仕方ないととっくに受け止めていた矢先。

小松基地近くの山道を通りかかったとたん頭上を2機のでっかい戦闘機が爆音で通り抜けました!ラッキー!

どおりでカメラオタクがポツポツといたわけか〜。

 

帰りの暗い高速で、

覆面に目ざとい私は、ゆっくり追い越したあと覆面パトカーの前に入り、しばらく走るとやがて勢いよく追い越していく車がその覆面に停められる瞬間が。

目撃娘は大興奮。

何度出逢ったことだろうかこの光景、、

おかげさまで、今のところ20数年間ゴールド免許もらってます。

取り締まりが強化される秋、皆さんも、お気をつけください。

 

さて、10月末からぼちぼち『自然栽培リンゴ』の季節に入っていきます。

入荷日は決まっていませんが、必ず入荷します♪

 

10月の営業カレンダーはこのようになっています!

10(祝)は15:00〜17:00の営業

30(日)は13:30〜15:30の営業時間となりますので、お間違いのないようよろしくお願いいたします!

 

コロナ禍で2年半。

ネットビジネス、SNSビジネスがより複雑になってきましたね。

そんな中、お知らせしたいことがあります。

 

SNSで調べてネットで買うということ

28年前にいわゆる“オーガニック”と出会い、目から鱗が落ちましたが、

ものには本物と偽物があることは知っていたものの、情報にも本物と偽物があることを知り混乱した20代。

その本物の技術の扱い方は人格によることを知った20代。

たったひとつの正解があると信じてやまなかった若き20代でした。

 

音楽やファッション同様に、オーガニックも巡るのでしょうね。

また、アサイーボウルやココナッツ製品が“流行ったり”するのでしょうか。

 

あるタレントが

「私はエビデンスがないと絶対に信じない」

エビデンスを見つけたらネットですぐに買います」と言っていました。

私が気になるのは、

そのエビデンスはどこから得た情報なのか?

また、

どこの通販サイトで買ったのか?です。

 

昨今、エビデンスはつくることも、つくり変えることも、逆のように捉え変えることもできますから、あってないようなものかもしれません。

だけど立証されれば経済は過度に回せます。

2年前に『ビタミンCが感染重症化を防ぐ』という内容の論文が出て、海外商品は輸入困難が続き当店からも消えそうになりました。

今年夏に、『ビタミンCは効果がないことを立証』という内容の論文が出ました。

対局の欲望の争いですが、立証されればまた経済が過度に回ります。

 

ネット通販は数え切れないほどあって、良心的なショップに上手くヒットさせるのはある意味、運ともいえるでしょうか。

 

それらも仕方がないと受け止めていた矢先、先週とある本社より連絡がきました。

 

卸した商品の行方がわからない

ちょうど当店でも取り扱うトップ主要商品ですが、

それを近頃ネットで買う人がぐんと増え、商品がいつまでたっても届かないというトラブルが相次いでいます。と。

正直、これまでにもそういった偽サイトのトラブルは見聞きしていますが、当店が質問をもらっても答えようがありませんので、自己責任でご購入ください。

せっかくなので、ここ数年の例をいくつか記しておくことにしますね。

 

「最近のもの」または「よくある順」で⬇︎

①my organicに売っているものと同じだったのでネットで買ったらよく見るとパッケージが違っていた

②実店舗よりも値段が安かったのでネットで買ったらどこか味が違っていた

③定価よりも安かったのでネットで多めに買ったらパウダーが固まっていた

④黄色く変色または匂いが明らかに酸化していた

⑤届かなかった

 

商品は主に『高機能食品』サプリメント』『美容健康系』です。

まさに当店、ど真ん中。

今回の偽サイトから届かない件は、弁護士と対策をしているそうですが、どうなるのかは私にもわかりません。

自分は大丈夫だという根拠など、誰もがなくて当たりまえのはず。

 

自分が求めるものと脳が求めるもの

SNSを開けば暇つぶしができて飽きないかもしれませんが、2年間で更に大きく変化しています。

情報過多になれてしまい脳がハックされ、深い思考力がなくなってきているようにも感じますが、

“みんなで渡れば気づかない赤信号“かもしれませんね。

 

情報のAI化、広告アカウントや誘導投稿からのキャッチングが目立ち、

果てしなく「いいねマーク」をつけなければならない布教活動が実ることは一瞬です。

 

そんな私もこうしてブログを書いていますが、

届けたい人たちが明確に浮かぶからこそ書いていられるのかなぁ〜。と思ったりもします。

my organicは、手当たり次第に売れればいい、とにかく拡がればいい、ちょっとチヤホヤされればいい、という目的ではなく、そこを目標にはしていません。

好んで読んでくださる方々に、届くものしか届いていないはずです。

 

ブログ、InstagramFacebookTwitterなどで情報を探していますか?

それがないと生きていけないでしょうか?

 

「みんなそうなんじゃないの」と、

自分で考えるのをやめていませんか。

 

実店舗として誇大表現はせずとも必要最低限は行っているつもりですが、

Facebookをやめて5年、Instagramをやめて半年が経ちました。

my organicアカウントのみ、投稿は月に数回更新しています。

 

このブログをはじめ、

引き続き今後も、my organic は投稿のみとなりますが何卒ご了承くださいませ。

 

改めて

my organicで私を通して購入されたものに関してはご質問を受け付けますが、それ以外は詳細を求められてもどうすることもできませんので、、

なるべく一時的な高揚を伴った感情行動を控え、落ち着いて判断行動をなさってください

 

『変わるため』『健康になるため』目標に、

オーガニック商品を手段として使っているならば、商品を手に入れることを目的とせず、しっかり目標に向かって判断しましょう。

f:id:myorganic:20220929121043j:image

 



 

作るから造ると創るへ

小さなこともコツコツと

可愛いセンスが光る「手作りコースター」

ラボのワークショップにて、娘が愛猫ネオンをイメージして作ったそう。

f:id:myorganic:20220920143146j:image

「すごくいい!!!…で、今回の頑張ったところは?」と

一応聞いてみたら、

たくさん次から次へと出てくる可愛いスタンプを見て、

「あれもこれも全部押したくなる気持ちをぐっと堪えたこと」だそう。

確かにそれ、大事やな。笑

 

ちょっと前に保育園の頃の絵を見返していて、

高学年の目に映ったのは「なんじゃこれ!へったくそなの〜。」と。

ちっちゃい時は好きでぐちゃぐちゃ書いてたけど、こんなにわけわからんとは。。

と、自分で評価してました。

それが成長。それでいいね。

 

週末に多いラボ講習の間、母ちゃんも“ものづくり”頑張ります。

f:id:myorganic:20220920143217j:image

約3年ぶりのオーガニックメンテナンスです。

条件は「気温高すぎず曇りで雨降らなくて蚊が少ない時間帯」

こちらの準備はいつでもOKである、あとは自然を待つのみ。で半年。

今しかない!と思い立ったらすぐやります!

 

こうして、たまにウッドデッキや家の外壁を塗っていると通りすがりや来客に

なんで自分でやるのか⁉︎と驚かれます。

色々作ってきたので、思い切って造ることができてるだけです。

今はDIY女子も増えたしね。

 

作るのは思いつきでも、造るのはその後のこともずっと計画していくことが必要。

本物の無垢板にはまだ命が続いていますからね。

 

そこで気がつきましたが、

これは、なんとも不思議!

f:id:myorganic:20220920143154j:image

画像左下の扉は焦げ茶系のウォールナット

画像中央の廊下は黄色系のチーク、

画像下のリビングは赤系のカリンのはず。

Beforeをお見せできないのが残念ですが、

12年が経ち、不思議なことに色まで調和させた無垢板たちです。

やっぱ生きてる。笑

 

作るから創るへ

料理が下手くそなのが悔しくて、やれ創作だ、やれ料理はサイエンスだと逃げてから十数年。

その間、母親は趣味の陶芸で100点あまりを創作してました。

母の立派な遺品は、欲しい人へ届け実質全て処分となり、こうなってみると、

残るものはな〜、、と思ってしまうのが今の正直な気持ちです。

 

旅行、体験、勉強は物体としては残りにくく経験や知識として残るので好きですね。

料理も残らないので好き。

 

結果オーライから見るに、今後も大それたことはできないかもしれないけれど、それでも自分を表現することはできそうです。

my organicを運営できていることに感謝し、

またmy orgaicらしい仕事を創っていけたら嬉しいです。

 

家も身体も、冬に向けてメンテナンスの時季ですね☆

そろそろ山、復活したい〜。

f:id:myorganic:20220920143244j:image

レジ横に見つけた“ロッテ復刻ガム”

私、小学生の頃『クイッククエンチ』が大好きでした。

噛むとすぐに味がなくなっていくけど、これぞガム。

 

実はメンテナンス前にググってみた「ガラス樹脂塗料」

天然のものがあるけど、鵜呑みにできないあやしい成分もしかり。

 

どんなものも、

時代背景において、新しいものを創り上げることは大切ですが、

古いものの中の良い特徴を調和できたら本当に素晴らしいことですね。

 

皆さんはどうですか?

昨夜、まさか家の前で花火が上がり良い時間を過ごしたところ。

f:id:myorganic:20220926131901j:image

f:id:myorganic:20220926131917j:image

今週も元気に始まりました!

 

 

自分と向き合う覚悟ができた時

今年も、あっつい暑い中の運動会が無事に終わりました。

午前中半日だけなんだけど、どっと疲れるアラフィフ。

身体がダルくて15時頃まで動けなかったですよ〜

ちっちゃくて可愛い1年生、背丈は私と変わらない高学年、

緑やシルバーの髪色をした保護者。

に混ざる控えめな先生たち。

 

娘の同級生の走りにも感動させてもらいました。

一番身体の大きな(縦にも横にも)お友達は、マラソン大会が死ぬほどイヤで毎回頑張って完走しています。その男の子が120m走でなんと1位になったのです!

「おぉー!〇〇〇すごいや〜ん!やったな!」

と、思わず駆け寄って背中をポンポンしてしまうほど。

 

入学まもなくペルデス症が発症し、2年間ほど車椅子や松葉杖生活だった子も1位!

小さい頃からスポーツ万能だそうで「早くみんなと一緒に走りたい!」とよく話していたな。

子供の回復力は本当にすごいですよね。

※ペルテス病とは大腿骨頭(股の付け根の骨)に阻血性壊死(血流が途絶えて組織が死んでしまうこと)が起こる原因不明の疾患です。 小学校低学年を中心とした小さめの活発な男児に多くみられ、治癒までには3から4年を要します。ーWikipediaより引用ー

 

今回、娘は児童会の放送係として司会進行をさせてもらい、カンペを見ずに堂々と上手に回せるのは誰似なのか?

きっと今の母ちゃんです。と願いたい。笑

 

だけど、私の小学生の頃といえば、あがり症で滝の脇汗人間。

学生時代に司会や児童会や生徒会だなんて、仮病や“義足”で乗り切るレベルでしたよ。笑

とにかくみんなの前で発表したり、自分の考えを述べることが大の大の苦手。

というか「意見を言ってはいけない」「私にはできるわけがない」と思い込んでいる子供でしたからね。

 

親になるってことは、模範になるということでもあります。

子供は、親が教えたいことと裏腹にやって欲しくないことを覚えてくるし、

学んで欲しいこととは裏腹に親のズルを見て学びます。

まさに親の行動の再生ですよね。

気をつけないといけません。

 

「もう遅い」と「まだ早い」

さて、そんな先日

あるお客様が二人お店で一緒になりました。

どちらもマインドセッションで、コミュニケーション(PCM)を学んでおられます。

まだ途中ですが、

重要な6つの資質は“良いところ”を見ればなかなかどれも捨て難く、

“悪いところ”を見るとどれも当てはまらないと思いたくなるのが人の心理。

あーでもないこーでもないとひとしきり立ち話を楽しみました。

 

後日、学びを深めたい40代の方は

「あんなに若い時からセッション始めれるなんて羨ましいです。もっと早くから始めていたら…」と言います。

同じく後日、学びの途中でやめている20代の方は

「今からやらないと分からないんだということ、きっと。だから40代で出逢うってことはそこからでも間に合うってことでしょ?だけど、幸せでいたければPCMをやらない方がいいんですよ。」と言います。

 

思えば、私たちアラフォー&アラフィフ世代も若い頃はこうじゃなかったですか?

「今からやっとかないと歳取ってから後悔するぞ〜」とか

「言われるうちが花やざ〜」と言われても

右から左へただ抜けていくだけだったと。笑

 

セッションをさせていただく私自身も正直、若い頃からやっておくといいだろうになぁと思うことは多々ありますが、やはり経験が少ない分、理解できないことってあると思うんですよね。

 

なのでご安心ください、早く始めることだけが得なのではありません。

学びには好みや相性もあるし、年齢では測れないタイミングもあると思います。

タイミングとは、自分の中にある逃げや回避と向き合う覚悟ができた時のことす。

 

それは本当に挫折や失敗なのか

失敗を怖がると何も挑戦できなくなります。

 

99%が成功で1%の失敗確率であっても、人の捉え方は3つ。

1%しかないのならやってみる。

1%に自分が入るかもしれないからやらない。

1%に入るかもしれないけど心を決めてやってみる。

 

そして、挫折があるのは最後者のみ。

 

一生懸命にやったことでの挫折プレッシャーによる失敗が、今後のその人にものすごく役立つと思います。

他者の経験話ではダメ。

 

どこかに逃げをつくっておいて一生懸命やったと言ってもそれは手抜きだと思うし、

やる前に私はやると宣言せずプレッシャーを避けておいて失敗したことはやはり手抜きだと思うのです。

自分自身に挑戦していない時点で。

 

自分が傷つくことを恐れて、いくつもの自己防衛で自分を守っていては、いつまでたっても強くなるどころか弱くなっていきます。

守りで現状維持できてると思ったら大間違い、衰退しますからね。

例えばスポーツもゲームも人生だって、守備だけで運良く勝てたとしても勝ち抜くことはできないでしょう?

 

自分を賭けて努力したから敗北や幻滅を感じる

それでいいんです!

自分に一生懸命になれない若者、子育て世代、独身、中年も増えています。

それはチキンです。

 

ダサイ生き方しないでもっとカッコよく生きよう!

攻めに出るとは、がむしゃらになることではなく、本気で投入する静かな心。

失敗を受け止められるってカッコいいよ。

 

自分と向き合う覚悟ができた小学生3人以外にも、

今回惜しくも2位3位5位だった子の悔し涙にも、きっと重要なドラマがあったはず。

自分を見捨てないで逞しく成長して欲しいです♡

 

覚悟はできたにゃ♪

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

自分流の食習慣を見つけるコツ、続けるコツ

1日5,000歩は歩きたい

朝晩が涼しくなり、日常生活ではあまり汗をかかなくなってきましたね。

今の私の目標です。

 

皆さん、お仕事ではよく歩く方ですか?

私はまったく。冬になると1日300歩とかザラです。

 

狭い職場、普段はデスクワークか立ちっぱなしで口を動かすことがお仕事でもある私。

店内にはストレッチする場所もなく、ラジオ体操なんてしたらどこかしらに手をぶつけます。

人によるでしょうけど、動けないストレス、、すごい、、

来客ゼロの日は、損した気分になるのがサービス業あるあるです。笑

先週の閉店時間なんて、ほら。

身体を動かすことが好き!

対戦での勝ち負けがからむスポーツというよりは、山を走ったり、トレーニングやコンディショニング系が好きです。

 

前々回のブログにも書きましたが↓

夏バテをきっかけにベジタリアン・ヴィーガンになる理由 - my organicのブログ

かく言う私も過去に4年間ほどベジタリアン歴があります。

やってみたのは“ペスコ”だったので、魚は摂り乳製品やお肉を食べないという自身の体を張った人体実験。

“なんたら食”を始めると、“食材の優劣”が気になり始めるのが人というもの。

 

オーガニックだけでなく、25年以上前から様々な食事法を試してきた結果、

食事法って、その時々の体調や症状のリカバリーであって、ずーっとやり続けるものではないと気がつきました。

アフィリエイト、アンバサダーやインフルエンサーなど商売に関わる人はここに含んでいません

 

薬膳やマクロビなどをやると特に感じますが、最初始めた時は“身体が喜ぶ”的な反応が確かにあります。

そこには、心が新しい変化にワクワクしたり共に楽しむ仲間ができてウキウキしたりする期待が大いに含まれているのだと思います。

 

なので、食材の優劣なんぞ判別するには、判断する側に正しい知識がないと、そもそもハマりたい自分は、予想外に間違ったものを摂りすぎる結果を招くのです。

 

はい!昨日は合格!!

え、うそ?そんなに⁉︎

小5娘を見習わなくては、、汗

 

食を変えるならマイルドに始めること

あらゆる食事法は、考えたくない自分に進む道筋を照らしてくれることもありますが、

必ず長く続けられるやり方を選び、なおかつ自分流(家族流)によりよくアレンジしていくことを決めてほしいと思います。

 

①例えばコーヒーをノンカフェインにするとか

甜菜糖や黒糖をココナッツシュガーにするとか

③マクロビやローフードの甘いスイーツをフレッシュなフルーツに変えるとか

でいいんです。

 

食事法はメソッドによって理論が違うので、目指す目的が違ってきます。

マクロビは、生のものは身体を冷やすから良くないとと言われ、全粒で未精製のものを推奨しますが、

加熱した小麦粉や砂糖を摂りすぎてしまうためAGE(終末糖化物質)が体内蓄積されてしまうので、皮膚は透明感がなく茶色く筋肉が痩せがちで、年齢よりも老けて見えることがあります。

 

ロースイーツは、食物酵素を活かしてはいるものの、脂質や糖質に加えタンパク質も摂りすぎるため、太りやすくなったり肌荒れしたりする人も。

 

フレッシュなフルーツは、本来ならばビタミンと酵素が活きたスーパーフードになり得ますが、

国内のブランドものは品種改良が進みすぎて糖度が高すぎ、反面農薬も多し。

かといって海外ものは防腐剤過多の問題がはらんでいます。

じゃーどーすりゃいーのー。

 

自身の経験上、ハマり出すと人は突き動かされるように探し求めます。

パンを我慢してグルテンフリーのパンがないかを血眼で探し回ることで、『パンを食べたいのにパンが食べれない!』『食べてはいけない!』『パンを食べてしまった』の間でいつもか〜も心が揺れ動き、達成もしないし終わらないのです。

これは消耗しますね。

 

なぜそれをやりたいのか?

何のためにやるのか?

 

人って、目的で動く人と時間で動く人がいますから、

しっかりと目標を決めてからやるのがいいと思います。

考え抜くことから逃げずにね。

 

さて、そんな私には、かれこれ15年ほど前から愛飲している美味しいデカフェがあります。

冬のホットよりも夏のアイスの方が好きかも♡

f:id:myorganic:20220907182604j:image

え?なんでベジタリアンをやめたのかって?

やめても良いと思ったからですよ。

 

10年、15年も前からローフードやパレオフードを作ってくると正直新しい刺激はもはや無。

すでに目で楽しめなくなってきた私、

ついに変なことをやりだしました。

 

我が家の定番デザート『ノンカフェインコーヒーゼリーデラウェアとカカオニブをのせてみました。

f:id:myorganic:20220907182554j:image

ん〜。あう♡

私は好きでしたね。

物好きな方は、お試しあれ。

小さめ5個分でココナッツシュガーは大さじ1杯まで!

ミネラルソルトも忘れずに☆

 

今週末は、ご予約でいっぱいとなっています。

メールのお返事にお時間がかかることがございますが、必ずお返事しますのでお待ちくださいませ。

 

それでは、みなさんも良い週末をお過ごし下さい♡

 

自分の能力を試し続けると能力が育つかもしれない

子供の頃を思い出してみて

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

約9年間に渡りオーガニックな私生活をベースに、自身が運営するmy organic独自のサービスや、私なりの意見と考えを綴っています。

自分の可能性を諦めない人

自分自身に言い訳をしない人

そんな生き方がしたくて、今日もお仕事とプライベートを大切に楽しんでいます。

 

ところで私には娘が一人いますが、母親としてカンペキではないことを自覚するだけでなく、そこを目指してはいません。

むしろカンペキを目指すことで自分自身だけでなく、何より娘もつらくなると思い、二人の気質や性格的な資質が居心地良く日々を過ごせるように努めているだけです。

その中で、何を伝えるか?よりも

どう伝えるか?の方がとてもとっても大事なことだなぁと感じています。

 

カンペキは、正解と不正解、正しいか正しくないか、損か得かなど二択思考になりかねませんからね。

 

例えば、独身さん、または子供がいない方は、自分が子供だった頃の目線で読み進めてみて下さい

子育てをしている方は親の目線で読み進めるよりも、自分が子供だった頃の目線で読んでみて下さい

 

そうでなければ、大人にとってどんなに良い情報も他者の意見も、子供や他者を操作・コントロールするために生きるようになってしまいます。

 

開店当初に小さなお子様連れだったお客様方は、もうすっかり中高生や高学年生になっています。

思春期は親の思い通りにならないことをつくづく思い知らされると言いますが、その子供の反応はもっと幼少期からすでにちゃんとありました。

 

自分の子供とはいえ、同じ人間ではないことの真の意味を受け入れ、尊重してあげたいものですね。

 

先週はラボが4日間。

お陰様でセッションご予約は9名。ヘトヘトな1週間でした〜。

f:id:myorganic:20220827212256j:image

ある日は、電子工学

界面活性剤と乳化剤

パスタブリッジ

どれも「なんで?」や「うわぁ!」など、自然に湧き出るものばかりです。

そして、「やってみたい」へと。

f:id:myorganic:20220827212306j:image

2年習ったピアノをやめてから、習字一本だった娘の“習い事”が、こんなにステキな体験型であることをとても嬉しく思っています。

私が子供の頃にもあったのでしょうか?

あったとしても、親が興味を持たなければ情報は子供に降りてきません。

 

我が娘はもちろん、参加しているたくさんの子供たち

教えてくれる学生のお姉さんお兄さん

ゆる〜く講座を拡げる先生たちに感謝です。

 

順応していく子供を見ていた記憶

私が子供の頃や社会人なりたての頃に強く感じていたことがあります。

「自由な発想で」

「個性を磨いて」

「一人ひとりみんな違う」

いろんな当たり前文句を言っているけど、子供が会社というところに出て大人になっていくその数年は、それらを潰されることなんだなぁと感じました。

「空気を読んで」

「周りに迷惑をかけないように」

「みんな思ってるけどあえて言わないんだ」

 

それは、つまり

「自発的に余計なことするな」

「与えられるのを待ち自分で考えるな」

「ここにいたければ所属する会社のシステムに合わせなさい」

 

ゆえに

『失敗しない人は何もしない人である』

『諦める人は言い訳の中でしか生きていけない』

 

能力を摘んだのは親かもしれないが可能性を育てなかったのは自分自身です。

 

あれこれ親や人のせいにしていては、人生が苦しくあまりにも長いものになってしまいます。

こうなった今があるのは、親の促しや厳しい大人のせいかもしれないけど、それを受け入れたのは紛れもない自分なのだから。

自分で決断して進む勇気を持っていいんです。

 

飛び抜けていることや、尖っていることだけがスゴイ!わけではないでしょう。

自分の能力を発揮し、それを活かし、アイデンティティーをつくりあげる。

自信をもって堂々と挑戦そして失敗してほしいなぁと思いました。

 

そうそう、訳あって奮発し初めて買ったサンダルウッドが驚くほど予想外だった!

あれ?こんなにちっちゃいの?

f:id:myorganic:20220826203948j:image

これで8,000円、、

それだけ、素晴らしいエッセンスということです。

 

今年の“夏の終わり”も長そうですよ。

気を抜かず、必要量の栄養ちゃんと摂りましょう!

f:id:myorganic:20220826204004j:image

フォーでラーメン作ろうと思ったけど、やっぱり暑いので冷やしフォーにしました。

だけど具はニンニクの効いた鶏ガラ出汁で。

これは予想以上に美味しかった〜♡

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

夏バテをきっかけにベジタリアン・ヴィーガンになる理由

気分は最高!!

今年の夏休みもようやく今日で最終日♪

8時過ぎまで寝て、家でダラダラ&児童館生活から一転して6時起きの毎日になる娘。

 

朝のwork out時間をお弁当と送迎で取られていた私にも、やっとこさ馴染みのルーティンが戻ってきます!

「自分にとって普通のことを普通にできること」これは幸せです。

 

なんで自分のお弁当箱だけタッパなの?と気がついた5年生の夏。

目玉の模様のナプキンは勘弁して。

f:id:myorganic:20220820093852j:image

せめてまつ毛があってほしいという女ゴゴロらしい。

この日はゴソゴソとバレないようにスプーンを取り出したそうな、、

 

このタッパーは、オーストラリアで買ってきたお気に入りなんだけどなぁ(2個ずつ笑)

f:id:myorganic:20220820093858j:image

そろそろやめにするか。

 

早々と一生の体質だと決めつけないでね

我が娘は好き嫌いがほとんどなく、なんでも食べてくれます。

私も好き嫌いない方で、強いて言うならウニくらい。

 

なので食のバロメーターが非常に多いと言うことになりますね。

食べない、避ける、食べたくない、ばっかり食べたがる、は私たちにとっておかしな反応なのです。

 

ご飯は入らないけどパンは入る

お肉は喉を通らないけどラーメン&餃子は入る

刺身は最近臭くて受け付けないけど素麺は食べたい

梨はそそらないけどタルトはそそる

これは明らかにおかしい反応ですよ〜。

 

「お肉やめました」など。ベジタリアンヴィーガンなります!宣言の多い夏の終わり。

食べれなくなった理由は、「カラダが求めてない」だそう。

確かにそうですね。

それは本人の栄養バランス失調による一時的な味覚の変化であり、一般には夏バテとも言います。

 

ベジタリアンヴィーガンという偏った食生活。

※あちらサイドからはこちらがおかしいと言う解釈になりますが

宗教的な理由は別として、例えば育ち盛りのお子さんや思春期のお兄ちゃんお姉ちゃんがいるご家庭は注意は必要。

 

カラダは栄養素からできています

遠い昔にビタミンCの体内合成ができなくなってしまったヒトのカラダですが、

本来様々な栄養素を必要としています。

 

不思議かも知れませんが、栄誉素が偏ると考え方も偏りますから、性格が変わったりこれまでの人付き合いが嫌になったりします。

 

元々人々は多種多様、

地球上の栄養素も細菌もウイルスも多種多様。

 

共存して生きるとは、偏って生きることではないし、排除して生きることでもない。

その人にあったPFCバランスをしっかりと摂ることが人間として自然なことだと思います。

どうしても偏らざるを得ないのなら、どうかそれを他人に勧めないように気遣って欲しいと思います。

 

言い換えれば、

栄養や考え方が狭く排他的になっている自分への正当化に、食のメソッドを無理に当てはめなくてもよいということです。

 

当店では、あなたのタンパク質はあなた自身に足りているかどうか?をチェックすることも可能です。

血液検査結果があれば(『検査離チェック』メニュー)だともっとわかりやすいです。

 

その不安や恐怖が過ぎ去るまで、時間が過ぎるのを待つのもよし

下手に騒がず急いで答えを求めず、自分ににできることをやるだけでいいんです。

 

今日も適度に運動して、しっかりご飯を食べて、

あなたに必要な栄養素の絶対量を摂ることを心がけて下さい☆

f:id:myorganic:20220822140419j:image

f:id:myorganic:20220822140440j:image

f:id:myorganic:20220822140457j:image

なんと!0歳児のミルクがわりにもでき、

育ち盛りの小中学生にも人気です♡

娘も、毎朝飲んでます。

 

プロテインを味方にできる人とそうでない人

さて、良質なプロテインを習慣にするのは

なんのために?って?
もちろん自分と家族の健康のために。


大事なのは主食以外の糖質を減らして摂ることです。

プロテインを摂り始めた後の

良い例は、余分な糖質が徐々に欲しくなくなりタンパク質をしっかり食べたくなること。

良くない例は、余計に甘いものが欲しくなり食べたい食事が限られていくこと。

また、お菓子食べたいからご飯をヘルシーにダイエットしてる人は、プロテインを飲み込めなくなったりします。

※嚥下は別の栄養素の問題です。

 

前者は身体に合うプロテインが吸収されて体内で代謝反応できていますが、

後者は成分的に身体に合わないプロテインなのか⁉︎

それとも別のものを摂り過ぎているためなのか?

体内のビタミンとミネラルが欠乏して質的栄養失調状態を起こしていそうです。

 

プロテインを続けると…

オナラが臭くなる

ニキビや吹き出物ができやすくなる

どんどん太る

なんてことはないはず!

それは、むしろ酸化や糖化のダメージかもしれません。

これらは体内だけでなく皮膚にも思考にも現れてきますから。

 

✖︎適当にバランス良く食べるよりも

◎自分の体に必要な栄養素を絶対量で摂っていれば多少バランス悪くても構わない

 

お酒飲むと足がつり、忙しいと瞼がピクピクし、すぐにウイルスもらってくる人は、マグネシウム不足かもね。

 

オーガニックや健康を過剰に意識するあまり、自分を制限して苦しくなる前に、

個体差の栄養チェックしませんか?

あなたも先ずは無理なくプロテインを飲める身体へ!

そうしないと、せっせと摂ってるミネラルが吸収できていないばかりか、むしろ身体から削られていくのですから。。

 

プロテインについての詳しくはこちらをご参照ください↓

myorganic.hatenablog.com

夏バテさせない

疲れを残さない

感染させない

老化をコントロール

加齢はただの数

ダメージの少ないプロテイン

グルテンフリー

デイリーフリー

ソイフリー

 

多くの方が、自分の最高の健康を実感できますように☆

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2022年9月の営業カレンダー

9月の営業カレンダーです!

◉『発芽小麦のブレッド・ベーグル』は上旬に入荷予定です!

◉23(金祝)の営業時間は14:00〜16:00となっています!

私の背丈を超えてきた「フィカスベンガレンシス」

新芽が出てきたのでカットしました。

ところで、

以前、人生の諸先輩方からこんなお言葉をいただき、とても納得したことがありました。

「organicって絶対に必要なものではないですよね?」

「セッションって、別にやらなくてもいいって思う人の方が正直多いですよね?」

「失礼ですが…my organicには、どうしてお客さんが来てくれるんですかね?」

 

確かに、organicもセッションもSachiyoも、生きていく上で絶対に必要ではない。

かもしれないけれど、

よほどこの仕事が好きなのか、どこかやりがいを感じているから、未だやっているのである。

なんだか会いに行きたくなる人がそこにいる。

それが嬉しいです。

 

Aさんは何か悩んでいるようです。

Aさんが求めている少し先の未来を、Bさんがいつも引っ張っていくのでは自立できません。

Aさんが、ではなく両者とも。

 

目の前の相手の能力を信じること。

その人が可能性に挑み人生を歩む姿を信じること。

 

提供する側がクライアントを信じることが何よりも重要で、

my organicのマインドセッションとは決して、上から下への形をとったサービスではないんです。

 

思いは、目標と一致した現実をつくりあげる

自分一人だけで良くなれるのだとしたら、それは素晴らしいこと。

自分一人では良くなっていけない人がダメな訳ではありません。

人には、絶対的に自分自身では気付くことのできないことがいくつかあります。

 

『人は自分が頭で考えているその通りになる』

とよく言いますが、

話を聞けば

「こうなりたい、ああなりたい」

と同じくらい

「こうなりたくない、ああなりたくない」

がたくさん出てきます。

それには私も共感できることが多いです。

 

これまで

思った通りに生きていて苦しいんですから。

思いがどこかおかしいんです。

 

それは、小さな頃から知らず知らず身につけてきた防衛術で自分を縛り付けるような感じ。

ならば、現在の自分に合うように共に考え何かを再構築することは最優先課題かもしれません。

 

ところで、あなたは自分を思い通りに扱えていますか?

はい!と言う人は、なかなかいないと思います。

著名な心理・精神分析学者も歴史上の偉人もお釈迦様ですらも、

自分を扱うのがいちばん難しいんだよと言っていましたから。

 

だけど生きている。

生きていくには、

自分で選ぶ能力、好む能力が、自己責任を育て、

排除する能力、嫌う能力が、恐怖を育てます。

 

この繰り返しで私たちは自分の生活習慣と性格習慣をつくり、それに揉まれながら飲み込まれないように自己実現に励んでいるのだそう。

 

セッションでは、目標と一致していない現実を扱います。

その人が、「こうなりたくない、ああなりたくない」と思っているにも関わらず、そうなっている現実があったり、そうなろうとする強力な思考があるわけです。

 

側から見れば「なにをなっているの??」と映りますが、本人はいたって真剣なのです。

 

変化のきっかけは必ずしも自分で気がつくとは限りません。

その人に一番良いタイミングがあり、

それは何度もやって来るかもしれないし、やって来ないかもしれない。

 

目標がずっと同じ⁉︎

生活や仕事においての目標って、年代でも違うと思うんですね。

ここ何年何十年と同じような課題に挑んでいるならば、良い傾向ではないかもしれません。

 

20代なら、見た目を気にしたり、ひとつのやり方にこだわったり、手に入れたものは決して手放さず、価値と違うものを排除し仲間をつくることだったり。

仕事では効率と完璧を目標にするでしょう。

 

30代なら、突っ走って悔しい思いを味わった後、これまでの自分のやり方が違っていたかもしれないと方向転換したり、人間不信に陥っていくかもしれません。

 

40代は、後にも引けない自分の生きてきた足跡にゾクっとし、取り返しのつかない恐怖を抱きつつも、これが正しいのだと合理化することにエネルギーを使っているかもしれません。

でも、それはそれでとても怖いのです。

 

50代は、もう変われないと諦めて、歪んだ思考を『こうするしかなかったんだ』と正当化する頃。

自分の生き方に意味を感じていない人は、こう言うかもしれません。

『だって、そうでなければ、人生は面白味がないじゃないですか』と。

 

 

人生においての曲がり角である40代は、特に重要な時期であると、心理、精神、哲学など多くの分野で目にします。

 

もし、あなたがアラフォーならば、

どんどん自分の生き方に疑問を持って、勇気をもって“薄々感じていた”方へ変えていきましょう!

 

自分を信じ、変えられない過去はこれで良かった。として堂々と生きる。

 

間違っても構わない

ダメでも人生終わりじゃない

今更なんて、ない

じゃあ今なにをやるか。