my organicのブログ

心理学と栄養学から見えるorganicのこと

なんのために◯◯フリーやorganicを選んでいるのか?

今年も春の新商品が続々と

23℃を超え半袖日和かと思いきや、またまた肌寒い福井県

最後の暖房がなかなか片付けられません。

 

春と秋は、新商品が発売されたり、価格改定されたりとバタバタしていますが、

4月に入り、organicを取り扱う企業から様々なメールが届いています。

 

当分続くだろうこのコロナ禍において、グローバルな企業は特に

原価高騰や輸入困難で対策を講じています。

 

my organicに届く商品の中にも、「あれ⁉︎えらい小さくなったな…」というようなパッケージが、、

これも仕方のないこと。

自ら海外へ行かずとも、ドイツやフランスやオーストラリアの高栄養価な原材料から作られる加工食品が、私たちの手に届くのは有難いことですから。

 

ベジタリアンじゃなくても、ヴィーガンじゃなくても、アレルギーじゃなくても、

アレルゲン食材を出来るだけに日頃からカットしたり、減らしていくという考え方。

その目的は人それぞれで、

ダイエットのため、胃腸が弱いため、身体を強くするため、仲間を作って信仰的ライフスタイルのため、流行りに乗っかってみたいだけだったり。

きっかけはなんだっていい。

良い習慣を見つけたら、ぜひ続けてほしいと思います☆

 

いずれにしても、私たちはあれこれ食べ過ぎている(食材も添加物も)ので、消化の負担を減らすことができ、身体に悪いことではないですね。

 

なぜ、これらをフリーにする必要があったのか?

グルテンフリー

デイリー(乳製品)フリー

ソイ(大豆)フリー

卵フリー

トランス脂肪酸フリー

パームフリー

白砂糖フリー

はちみつフリー

化学添加物フリー

 

my organicを開業した頃、わずか7〜8年前までは、

グルテンフリー」といえば=マズイ

クッキーはカチカチかボソボソ!

グミはジャリジャリして弾力なし!

パンはパサパサでとてもじゃないけど食べ続けれなかったな。笑

 

 

そのイメージで、my organic(福井)では今でもグルテンフリーを始め◯◯フリー系=マズイという偏見のような決めつけがあるのかもしれませんね。

再トライ強くおすすめします!

 

5年ほど前から盛んにタピオカ粉を取り入れるようになった海外グルテンフリー製品は、数年で突然美味しくなり始めました。

今では、区別がつかないほど美味しく、

さらにグルテンフリーやパーム・トランス脂肪酸フリーだと後口がスッキリしていて歯に変なヌメリやザラつきが残りません☆

f:id:myorganic:20210409123720j:plain

グミ類もグムグミしだしました。

f:id:myorganic:20210409123418j:plain

さらに、アイソトニックウォーターやスパークリングも。

f:id:myorganic:20210409123823j:plain

もう、マズイなんてことはなく、むしろヴィーガンの方が美味しくなっているように思います。

 

余談ですが、

食事で時々マクロビオティックを楽しむことはありますが、

マクロビオティックSweets系を“身体に優しい”からと食べすぎるのは、特に私はおすすめしません。

あれだけの小麦粉に加熱した菜種油やトランス脂肪酸、白くはなくても砂糖や水飴系をふんだんに使用します。しかも豆乳やきな粉などの大豆製品まで。

食事で大豆や根菜類をたくさん摂っているのに、さらにSweetsからも摂るのはアレルゲン過多です。

 

さらにヴィーガンやソイミート系の加工には以前から問題点が多々ありました。

大豆加工において使用する添加物が多過ぎて、

リン酸など、今でも大量に「ソイミート」を使うのはおすすめしていません。

※『毛髪ミネラル検査結果』において、マクロビや糖質オフを好んで取り入れてる方には体内ミネラルの欠乏症も多く、そのため情緒が不安定になることも。。

 

女性ホルモンアンバランスな方は特に大豆は良いものではないし、

消化力の弱い方が玄米や豆乳やおから、ひじきなどをしょっちゅう食べるのも心配です。

今後、体調変化には十分注意を払ってみてくださいね。

 

さて、このように様々な◯◯フリーがあるのには当然ワケがあるからなんですが、

ひとつひとつ書いていくには困難です。気になる方は各々でお調べください。

 

表面的な価格のその裏側を覗いてみる

海外製品に負け国内産のorganicも頑張ってほしいと思います。

アレルゲン25品目フリーのパンが入荷しています。

美味しい!グルテンフリーだともっといい!

f:id:myorganic:20210409123557j:plain

私たちの何気ない購入は、その消費行動は、

『選択という投票である』ことを忘れないでほしいのです。

あるorganic商品を、最近見かけなくなったり、my organicからいなくなったり現れたりするのは、

私たちの投票で決まっているのです。

なんでもそうですが、素晴らしいorganic商品も、人々に買ってもらえないと企業も仕入れできません。

人々に売れないと販売終了となります。

 

高い、安い、価格の差を気にするのは悪いことではありませんが、

表面的な価格の意味を考えたことはありますか?

 

  • 10個入りで750円のクッキーよりも3個入りで350円を好む日本。
  • 150g入りで700円のチップスよりも30gで250円を好む日本。
  • 250gで6500円のクレンジングよりも100gで3700円を好む日本。

 

私たちは日頃、

いかに効率よく時間を使い、楽して欲しいものをたくさん手に入れるか。

そればかりを考え行動し、手にした時間とお金を、その暇と使い道を持て余している。

ようです。

消費行動でしか欲求を満たすことのできないコロナ禍になっていくのは、あまりにも残念な話です。

なのに、割高となって消費している私たちの現実です。

 

これまでも、これからもmy organicは良質で正直な認証organic商品をセレクトしていきたいと思います♡

 

今週末のmy organicはお休みとなります。

◉お陰様で毎週末はセッションのご予約でいっぱいとなっております。

◉新しくなった『毛髪ミネラル検査』スタートしています!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。