my organicのブログ

心理学と栄養学から見えるorganicのこと

organic食事だけでホルモンバランスを整えるのは簡単ではない(前編)

寒い季節に悪化・表面化しやすい女性特有の症状

今朝は−5℃!ここまでくると慣れてきます。

毎朝晩「寒いー、寒すぎる〜」とぼやいても寒いものは寒いです!

娘のクラス(小3)でカイロを貼ってくるコがたくさんいるというから驚き。

 

女性には特にこたえるこの寒さ、最近は30代半ばから若年層更年期が始まったり、プレ更年期、前更年期とか、いろんな言い方がありますが、要するに女性ホルモンバランスの乱れのこと。

 

女性ホルモンは、生理の後にエストロゲン排卵→生理前はプロゲステロン。この繰り返しのリズムだと、ざっくり覚えておいてください。

 

美容・健康業界にいなくても、私たちにはけっこう聞き慣れた

“ホルモンアンバランスが原因です”の、本当のところ。

実はメカニズムはわかっているものの、そのバランスを自然の力で回復・改善・維持させるのは簡単ではなく、ほとんどの方が医療機関で安易なホルモン充填をしてしまっているのが現状かと思います。

そのせいでひどい副作用に悩まされ、本来の自分と副作用との境界線がわからなくなってしまい、ちゃんと向き合うだけの精神力が残されていない方もおり、ちょっと心配です。

 

かく言う私も20代の頃、気絶するほど激しい生理痛や、気分変動や異常な浮腫みを体験しています。辛かったけど、病院のお薬に頼ったことは一度もありません。

マッサージセラピストやアロマの世界にいた時は若い盛り!

ざっくりと「ホルモンアンバランスですね〜」でひとまとめにすることが納得できず、腎臓・肝臓・血液などあれこれ自覚症状を分析し、仮定を設定して予防医学をorganic(食と日用品)で試行錯誤したものです。

 

 

今回はホルモンアンバランスの原因を前編・後編に分けて、

『食(食習慣)・身体(体質)・心(魂)』3つのホリスティックな視点から捉え書いてみたいと思います。

 

1・薬に頼らず食事でホルモンバランスを整える

まず、女性ホルモンアンバランスからくる様々なツライ症状。

これまでにこんなことはなかった的な症状や体調のことを思い出すと、わかりやすいかも。

 

冷たい手足・気分の変動・早すぎる生理周期・PMS・物忘れ・むくみ・鼻づまり・湿疹・抜け毛・頭痛・疲れ・肩こり・背中のだるさ・低血糖症・集中力低下・代謝低下・体重増加・ドライアイ・不眠症・過敏症・多嚢胞性卵巣・甲状腺機能低下・おっぱいや乳首の痛み・乳がん・子宮頸管異形成・・・などなど

 

何をしても一時的にしかよくならない乾燥肌や、異常な寒がり、些細なイライラが旦那の一言でブチ切れに!の原因が、老化現象の加速化と言われても誰のが普通で自分のは加速されてるなんてわかりませんよね?

 

また、「年取ると疲れが取れんくなるんやわぁ〜。」と口では言ってても、何かしらドリンクやサプリや栄養補助で“女性ホルモンでいつまでも若々しく”につられて購入していませんか?

 

むか〜し内分泌系で学んだことは、1人の女性ホルモンは生涯でなんとティースプーン1杯分!ということ・・・ピンとこんわ。笑

 

とにかく下手に知識があったことで、西洋医学のお薬(エストロゲンホルモンやピル)や、国内市販のサプリメントが怖くて使う度胸がなかった私が、どう“あがいた”かと言うと?

そりゃとにかく『食べ物』でしたよ。

様々な症状をホルモンアンバランスが原因だと仮定して、エストロゲン優勢になってしまう悪玉環境ホルモン(いわゆる農薬や除草剤や保存料や化学物質)の含まれない純organicを求めて、自身のプロゲステロン値を回復・維持させるための長い旅です。

f:id:myorganic:20201013181119j:plain

こうして食べ物にず〜っとこだわってきたけど、15〜20年の経過をざっと振り返ってみても、これはホルモンへの効果だわ!とハッキリとは感じないですね、、

もともとPMSはなく、気分の塞ぎ込みも出ないタイプ、

結局のところ生理痛は出産するまでなくならなかったし、むくみや冷え性は、良くなったり悪くなったり、アレルギーもあったりなかったり。

季節性でそうなのかホルモン状態でそうなのかもわかりません。

 

まるでワクチンと同じ。「ワクチン打ったから軽く済んだ」と言う表現はおかしいですよね?理由は同じ背景でワクチン打ってない自分を体験してないから、です。

私は、ずっと何かをやってきているので、やってない自分を知りません。

 

ただ、化学物質過敏症はほぼ体質改善完了され、代謝は体感で上がりました!(カラダスキャンでは変化なしですが)

f:id:myorganic:20180709180725j:plain

 

2・ホルモン生成は体内機能(代謝)による

さて、食べ物だけで、脳内伝達物質ホルモンを変えられなかったその訳は?

ちょっと面倒くさいですが、イメージだけ捉えてみてください。

 

女性ホルモンの最初の原料はコレステロールステロイド系ホルモン→プロゲステロン→コルチゾルやテストステロン→エストリオールなどなど。(→のところが変換です)

体の必要に応じてそれぞれ他のホルモンから生み出され、また他のホルモンへと生まれ変わっていくので、通り道はあちこちからたどり着ける網の目の循環道路のようなもの。

 

この1つのホルモンを変容させる&その細胞にメッセージを運ばせるためには、ビタミン・ミネラル・酵素の組み合わせが必ず必要なんです。

 

特にビタミンB6やマグネシウムの体内不足はせっかくのホルモンを使わず捨てることになるんです。(血液ではALTやコレステロール値に現れたりします)

また、サプリメントは吸収性が良い可能性を持っているにも関わらず、粗悪な原料品が多く出回っているので気をつけたいところ。

 

これと同じように、食べ物も変換を繰り返しながら小さくより小さく栄養素になっていきます。

 

食べ物→消化→栄養素→代謝ステロイド系ホルモン→女性ホルモン

何度も何度も変換(→)を繰り返しながら、ホルモンがつくられていきます。

 

20代30代の私は、食と栄養の浅い知識と、視覚情報で選び取った“最善の”食事内容であがいても、変わらなかったのです。(側から見れば超絶こだわっているように見えても)

食事が悪かった合っていなかったというよりは、体内機能自体がうまく栄養変換できていなかったために、年相応の健康状態&ホルモン状態でいられなかったのですね。

悲しい過去…。涙

 

 

現代、私たちが食べている食べ物は私たちの健康を支えるのに十分なほどの栄養はありません。

それは、現代のライフスタイルの弱点を意識する必要性を持ち、理論上とのギャップを埋めることをしなければならないということです。

 

『本物を食べること』は確かに大事ですが、

こだわった本物の食べ物を自身の体内でこなせているのか?

これを、もう一度考えてみて欲しいと思います。

 

ビタミン不足、ミネラル不足のせいでせっかくのスペシャルアイテムを無駄にしているかもしれません。

自分の身体の声をしっかりと聞き、冒頭にあった自覚症状に当てはまるものがないか。

35歳を過ぎたら女性ホルモンは下降へ向かい、できれば40〜45歳までに「自分の代謝にあった無理のない対策」をしておきたいですね♡

 

食事だけではうまくいかなかった3つ目の理由は、次回書きたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

自分で考えるという本質を放棄してはいけない

先日は、パーソナリティバランスのセッションでした。

7枚もの問診テストがありますが、パパッと直感で回答していただけました。

 

このセッションで何がわかるかと言うと、性格の強み、特徴的な能力、認知スタイル、ストレス時の危険シグナルなどの“枠組み”です。

 

大まかに6つに分けたそれぞれの資質の特徴が、その人の中でどんな構造をなしているのかを見ていきます。

そして、私生活や仕事で実際にはどのくらい活用できているか?を探っていきます。

言い換えれば、6つどれもこれも自分のタイプ要素なんですが、仮にどれが突出しているかを見つけ出すことで、私生活や仕事や子育てに役立てるツールとなります。

 

このテストは、けっこう複雑なので、my organicオリジナル『手持ちのカード』をつくり、ゲーム感覚で楽しくセッションを進めていきます。

※やるかやらないか?合うか合わないか?本当はどっちなの?私はどのタイプなの?というような表面的な占い分析は行いません。

 

深く知れば知るほど決めつけられない、分けられないところに本質がある

ところで世の中には、たくさんのセッションが存在します。

栄養や身体づくりのアドバイス、美容や心のカウンセリング、やる気や成績のコーチング、魂や過去のワークまで。

 

タイプ分析や各種統計学理論のウンチクは、カウンセリングやコーチングだけでなく、スピリチュアルなマネジメントやコンサルタントの世界にも使われていて、

見方を変えてみれば、クライアントの依存性を高め、そこから離れることができないようにビジネス化されていることも少なくない現状です。

 

 

ただ、私の経験上の個人的な意見ですが、人はタイプ分けして決めつけられるものではなく、むしろ例外を見つけ出して行くことの方が最も大切だと感じています。

古来からある四体液理論や陰陽五行説、形態心理学においても、やはり同じように感じます。

 

例えば私たちは、

一念発起してやると決めたのに、なぜやめてしまうのか?

体質が改善する前に体調が改善したらなぜすぐにやめてしまうのか?

それも大事な改善目標ですが、パーソナリティバランスでは、もう少し先の本質まで見ていきます。

 

生きていれば、人と関われば、良くも悪くも影響され誘導されてしまうもの。

そうやってふわふわと生きるのも悪くはありません。

 

もちろん、私のセッションのやり方にも問題がないとは言えないかもしれません。

相性もあると思うし、全ての人にmy organicの全てを受け入れてもらいたいなどとは思っていません。

  

人に勝ちたいのか?それとも自分に負けたくないのか

ものの見え方がいつもと同じだから変われないのでしょうか。

なぜいつも目的がすり替わってしまうのでしょうか。

 

誰かに変えてもらうのではなく、自分から変えていかないと。

聞き飽きましたね、こんなこと。笑

 

さて、ここに黒い毛玉があります。

シルバーに黒の毛玉、黒にグレーの毛玉、どっちが好きですか?

f:id:myorganic:20210103085628j:plain

f:id:myorganic:20210103085541j:plain

「実は、これ、どっちも同じ毛玉なんです」なんて先が読める話ではなくて。

見え方のその先。背景が違う中で、どんな想像力を使えるかどうかって大切だと思うんです。

 

同じ人でも、周りの環境、付き合う仲間、持っているもの、使う言葉、態度などによって違って見える。

同じ物事でも、伝え方が違い、捉え方が違い、受けた傷が違い、その数だけ価値観が育ちます。

 

自分を照らしてくれる人の中で甘えている人、自らの力で輝いている人。

また、華やかな世界にいても嫉妬心から自身が持てないでいること、注目を集めていなくても華があること。(かのように振る舞えること)

 

 

セッションでは、成長のヒントになりそうなことをお話しています。

私は決して上から物言う立場ではありませんが、学んできたリソースの例外を意識しながら少しでもクライアントのヒントになることがあればと、ブレの調整をお手伝いさせてもらっています。

 

結局は自分自身でやるんだけれども、違った視点・意見・価値観を共有することで、必ず新しい何かが生まれてきています。

そうやって自分の変化に対応しながら自分のやり方を見つけ、居場所をつくって(見つけるのではない)いけたらいいのではないでしょうか。

自分の一度きりの人生に参考として取り入れ、なんでも鵜呑みにしない。

自分で考えることを放棄してしまったら、何も起こせないと思うのです。

 

自分軸とは“分からず屋”や”頑固者”じゃない。

自分流とは“好き勝手”や“規則の逸脱”でもない。

 

多種多様でけっこう面倒くさい世の中でブレないトレーニングを繰り返していくことに意味があり、やっとつくり上がるものだと思うんですね。

 

一通り挑戦し経験した40代半ばを超えた頃から、人は自然とそうなっていくことも多いような気がします。

 

変化を求め何かを始める時、よく『自分は、どうなりたいのか?』と質問されることもありますが、漠然となりたい目標を決めて、そこに到達するための目的と手段に手をつけ始めたところで、間も無く目的がすり替わっていることが本当に多いです。

物や知識を売りつけたり、依存させたりするだけの、そんな指導者・先導者でありたくはないなぁと、自分に問う日でもありました。

 

『自分は、どうありたいのか?』

自分と他人を比較して、他人にどう思われるかで悩むよりも、自分の生き方に集中したいですね☆

 

 

少し前に書いた『ピンチで役立つコレ』↓

f:id:myorganic:20210108085253j:plain

については、my organicホームページのブログに書きました。

興味がある方は読んでみてください👇

今こそ、冷え込みに負けない身体を! – 心と体の栄養カウンセリング,オーガニック商品の店|my organic 福井

目標を見失った時には目的がすり替わっている

今、もう一度初心に返って健康のあり方を再度つくりなおしています。

加齢を侮ってはいけない、実力の過信。笑

人の身体って、そう簡単には変わらない

20代前半の頃、健康づくりのために始めたオーガニックな食習慣が、いつの間にやら25年。

その間には、グルテン中毒⁉︎(一応organicの素材だけど)を経験しています。

※先に言っておきますが、グルテン依存症も脱出も今となっては結構ツライ思い出です、、と同時に、最高のプレゼントも手に入れています。

 

もともとパン好きではなかったのですが、ある時期をきっかけに、お手軽パンで凌がなくてはならなくなり、その習慣以降なんとパンをどうしてもやめられなくなってしまったのです。 

食事は完全organicなのに、パンだけ例外⁉︎

市販のパンや小麦グルテン三昧には罪悪感多く、せめてグルテンの少ない自家製ライ麦パンならどうだろうか?とパン焼き器を購入するほどに。

 

ってかそもそも、なぜ食事を変えたいのか?

少しでも体調を良くし健康になりからですよね。

 

自分の慢性的な健康トラブルを変えようと思ったら、なんとなく良さそうだなぁ〜という食事メニューにこだわるだけでは結果は難しく、体質を変えていかないとダメ。

でも、体質ってそう簡単には変わらない、、何かを始めた時、一時的に良くなることはよくあるけど。

 

面白いことに、人間の身体に備わったホメオスタシスというやつで、良くも悪くも馴染んだ元の習慣に戻そうと強い体内システムが起こり始めるのです。

元に戻そうとする力、「やっぱりやめようよ〜」「変化は心地悪いよ〜」と。

心も思考も、同じではないでしょうか。

 

〜でなくてはならない、という貪る心

私がグルテンフリーにしてみた理由は、小麦グルテン抜きの数ある神メリットを「ホントかなー??」と体感してみたかったからなんですが、まず3日間パンをやめてみました。そう簡単にはいきません、食べたくなる禁断症状が出まくります。笑

そのうち、

なんとか小麦を使わずにパンが作れないかな?

グルテンの少ないライ麦パン(ドイツパン)なら食べてもいいんじゃね?

米粉100%でもふわふわ食感のパンってどこかにないの〜?と。

目標は、あくまでも“健康のため”です。

 

自然派志向の流れで当然ながらストイックになった時期もあり、オーガニックと天然材料だけで思うようなドイツパンが全然作れなくて400回以上焼くという、納得するパンができるまでの道のりは約4年。

f:id:myorganic:20210111200846j:image

でも、それからもうパンはいらなくなりました。

なぜなら、グルテンフリーを実現させる食べ物を血眼で探る労力(情報収集の時間や調べる手間、作る手間、買いに行く手間)と報酬(食べた感動)が割に合っていないことに気がついたからです。

不調はさほど消えていない。

そこまでしてパンを麺をスイーツを食べたい!と思うその心自体がどうなのか?と。

さよなら私の特製ドイツパン。

 

ここで、やっとこさ『貪・瞋・痴』を頻度激しく思い出します。(仏教でいう三毒

 

高みを目指して努力する、本物にこだわる、極める、無我夢中、情熱、良い風に現れたとしてオタク資質は素晴らしい。

ただ、あの頃の自分の貪欲さは、そうではないと薄々自分で思ってたんです。

 

好奇心、向上心、行動派、ストイック、やりすぎ、執着、強情、違いを認めない心、許せない心…

悪く出ると、自分のようになる。その全てに美しい情熱はないと。

 

一念発起し、食生活の90%ほどをグルテンフリーにして2年目の冬に、あんなに乾燥肌で、粉吹いて、痒くて悩んでいたのに、しっとりまではいかなくともボディローションなしで冬を越せるようになりました。

※醤油などの調味料含め、あらゆるグルテンを完全に排除することは不可能なので。

 

パンが欠かせないと取り憑かれた地獄の10年は、極度の乾燥肌とニキビ肌荒れと体臭の変化を誤魔化すための、organicのボディクリームを探しまくり(合成保湿成分は怖いこわいと)、海外から個人輸入したり手作りまでしていたのに、なんのこっちゃない『小麦』というキーワードで食べ物を変えたら、肌質が変わり余計なものを買わなくてよくなったという感動は今でも忘れません。

 

目標を見失うと目的がすり替わってしまう

これまでの経験上ですが、500名以上の体質改善過程を見てきて思うことは、

体質が変わり始めるまでには少なくとも4ヶ月、変わってきた体質が定着するまでにはさらに数年を要します。

残念ながら、ほとんどの方は体調に良い変化が起こってくる2〜3ヶ月でやめてしまいます。

 

そんな簡単ですかね?

5年10年と積み重ねてきた自分の体質に合うと言いきれない食べ物による習慣と、そこに疑問を持たないからこそ繰り返す悩みやトラブル。(遅延性食物アレルギー含む)

 

どこに問題があるのか?を見つけるには、まず自分の食事内容が最低限、健康を害する要素を含んでいないものかどうかを良く考え、その先に対策を講じるのが望ましいのではないかと思います。

努力の方向性の見直しです。

いつもと違った視点で、自分の習慣を見つめ直して見ると、良い発見があり、真に健全な目標や楽しみもできてきます。

 

まとめると

①元々は自分自身の体調不調を改善したくて体と心の健康を手に入れることを目標に進んできた

②その過程で「グルテンフリー」のメリットを目的とした

③目的が、グルテンフリーな食べ物を探し当てること自体にすり替わっていった

あの頃の私、思考停止していましたね。。

 

そんな訳で、白状します。笑

昨年10月末〜11月末にかけての、約1ヶ月に及んだ「思考のバラつき」「低いエネルギー」「ちょい乾燥肌」は紛れもなくパン食が週1〜3回の自業自得な結果なのでした。

そう、忙しさに負けてパンや小麦製品が度々登場していたのです。

 

分かっていたので、12月に入りすぐにパン断ちをし、約1ヶ月後の今はスネの粉吹きもかかとのひび割れもなくなり、背中のカサカサにいたってはボディローションなしで潤いキープにまで回復です☆

これには、いつもお世話になっているセラピストさんもびっくりでした。

 

オーガニックにこだわり、体調管理を扱う時の自分が何ごとにも飽きっぽくはないが、幾度と目的を見失いかけては自力で戻れた経験が、かえって自分にとってよかったのではないかと思っています。

 

今は、その経験を自分の中の大切な財産として『organic』を、心理学と分子栄養学から、ホリスティックに見て日々感じたことを書いています。

 

小麦だけでなく、豆乳や、酵素系ドリンクにも、人によってはこのような点がありそうですが、その辺りはアドバイスコース – ボディタイプバランスでアドバイスさてていただいております。

意味不明な湿疹や季節性の何か、また、病院へ行くほどでもないけどなくなって欲しい症状をお持ちの方はぜひ、ご自分の体質に合わないかもしれない食習慣を知り、試しに経ってみてください☆

目標達成の手段はいろいろありますが、決して貪らず。笑

 

コツを抑えた今は、小麦グルテンに過敏ではなくなりました。

継続を継続すれば体質は変わる⁉︎☆

 

ちなみに、娘の冬の目的は『たくさん雪遊びすること』

年末に新調したスノーグローブが、すぐに濡れて手がかじかむから嫌だ(=買い直してくれ)と言います。

娘は、目的が『手が冷たくならない他のグローブを探すこと』へと誘導してきますが、ブレません。笑

ならばと差し出したワークマンの防水手袋。

「手が濡れんでこれいいわ〜!」と、もっぱらお気に入りに。笑

f:id:myorganic:20210104102545j:plain

目的を達成する実行するための手段はいくらでもある!

時に見た目を気にしなければ、、笑

 

今日は、かなりの長文でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  

 

 

 

 

ようやく通常営業再開です!

連日の大雪が少し落ち着きました。
 
福井豪雪に匹敵する大雪でしたが、雪かき作業に追われた皆さん、肉体的精神的な疲労回復はうまくできていますでしょうか?
腰と背中の痛み、肩の痛み、腕の疲れ、とにかく疲れが取れきれないうちに雪かきの日々でしたもんね。。
 
店舗駐車場を雪かきするにも車も停めれず、どうすることもできないままでした。
連日臨時休業となっていたmy organicですが、ようやく本日から通常営業となっております。
 
朝早くからキリンビルオーナーさんご夫婦の除雪作業により、車も数台停めれるようにまでなりました。

f:id:myorganic:20210112095845j:plain

本日12(火)は16:00まで営業です。
明日13(水)は定休日。
14(木)12:00〜13:00は店舗営業したいと思いますので、お買い物ご希望の方はぜひご利用ください。(午前中は予約で詰まっております)
 
お陰さまで先日のプレギックリ腰は、ほぼ復活しました!
腰の痛みは、腰ではない部分に原因があることが多いです。
 
まずは筋肉組織内の緊張をほぐさないといけません。
バスソルトで血液から筋組織へ。
お風呂上がりは表皮から筋膜へと。
 
やりすぎないように、でもしっかりとストレッチし、じっくりと時間をかけてほぐし、エッセンシャルオイルのパワーを借りたりしながら物理的にケアします。
 
“腰にきやすい人”でない私も、今回は流石にきました。。
 
体幹の要となる腰、体質に合わせて労わって欲しいと思います。
そして治ったら、トレーニングで鍛えましょう!
 
※体質に合った方法を探るアドバイスは、スポットアドバイスメニューで対応させていただいております。
 
それでは、ご来店の際にはくれぐれもお気をつけていらしてください。
 
そうそう、昨日は「ハロ」がくっきり見えてましたね!

f:id:myorganic:20210111140535j:plain

臨時休業のお知らせです

皆さん、連日の雪かきお疲れさまです。

こちらも今朝は早くから、除雪車が来るまでに車がハマり、ご近所みんなで小1時間のレスキューでした。

f:id:myorganic:20210110142627j:image

【お知らせです】
本日10(日)のmy organicは、雪のため臨時休業とさせて頂きます。

 

お客様の安全を第一に考え『自然栽培リンゴ』のお渡しは、明後日に延期させていただきますので、予めご了承下さいませ。

 

 

私の父は生前、県の大きな大きな除雪車に乗っていました。
こんな冬は、夜中にしょっちゅう呼び出され、土木事務所に待機して、何日も帰ってこないのが普通でした。

除雪車が来ない!もっとキレイに!…。デゴデゴ道でも、みんな適材適所で精一杯頑張ってくれています。

 

ママさんダンプで2時間かけた雪溜まりも、わずか数秒で持っていかれる感動と、あっけなさ。
ありがたいです!

f:id:myorganic:20210110142612j:image

午後から少しずつ晴れ間が見え、雪が溶け出すことで、また新たな危険もあります。
皆さんも無理なさらずぼちぼちと。

屋根雪落下などには、くれぐれもお気をつけ下さい。

 

それでは、大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

どうか皆さんの安全を。

うまくいかないいろんな方法を知ってるからピンチで役立つ

昨夜はグンと冷え込み、今朝は起きてビックリ!
ついに福井の冬らしい積雪です。

20cmは積もり、家から車を出すための雪かき、お店の駐車場に入るための雪かき、お客様の車が入るための雪かき。

今日は、お店に来れなかったかもしれないのに、、


my organicの入っているテナントビル(キリンビル)には、ビルオーナーが営むアパレルセレクトショップと音楽スタジオ、そして、美容室、派鉄板焼きBARが入っています。

つい2ヶ月前のキリンビルです↓

f:id:myorganic:20210108151718p:plain

今日は4人総出で駐車場半分の雪かき。

オッチャン&オバチャンにはこたえます、、腰!こしが〜。

f:id:myorganic:20210108154551j:image

早朝から合計3時間ほどのworkoutでした。

あれから2時間、雪はおそらく右から左に降ってます。また15cmくらい積もりました。

 

30年ぶり⁉︎あわや大惨事

しかも実は私、今朝の筋トレで、足首にウェイト巻いたままストレッチをしていて、うっかり左側へ倒れ右腰をグギッ!!とやったのです。。考えごとしてたせいです。

ちょっと、マジで、ほんと起き上がれなくて、めちゃくちゃ焦りました。

 

自宅ジムの隅っこにある“いつものテニスボール(硬式)”を取りに1.5mほどズリバイし、仰向けになってしばらく考えました。吉とでるか凶とでるか。

 

答えが出たので、いつものテニスボールでやんわりと20〜30分ほどマッサージセラピー。

痛くない…?いや痛いか…。動ける…立てたぞ!

結果は吉とでたようでした。

 

終わってすぐに、思わずテニスボールを両手で優しく包み込み「お礼」を言いました。笑

ありがとう!

解剖学やっててよかった!

健康オタクでよかった!

リメディアルテクニック学んでてよかった!(my organicに直接関係ないけど)

 

過去に私が出逢った整体やカイロやニードルでは、ここまで回復できなかった。

うまくいかないことがたくさんあったから多方面から身体のことを知ることができた。

違う意見に目を向けたから自分の中の偏りを認識できた。

情報やメソッドの根拠を確認したから、実践と検証による果実を手に入れることができた。

もう、こんなに自分自身に感謝した日は、そうないですよ〜。

 

ので、普段の80%くらいのお仕事と雪かきができています。

 

今思えば、あれは“プレギックリ腰”です。

今日は帰ったら、固まったコレ塗らないと。

f:id:myorganic:20210108154557j:image

時間がきたので、コレ↑また書きたいと思います。

 

さて、今週末のmy organicは、

10(日)、11(祝)ともに15:00〜17:00の営業です!

そして、『organicフルーツ』のお渡し週です☆

 

それでは、皆さまも良い連休をお過ごしください♡

雪国の方は、雪道の運転、雪かきには十分お気をつけください。

 

さて、帰ります。

車に乗る前に、また雪かき、家に着いてもまた雪かきなんですが、、

頭で分かっても行動して習慣にしなかったらいつまでも変わらない

久しぶりに実家へ行ったら、冷蔵庫に年々増えていく名言集。

f:id:myorganic:20210105155458j:plain

うん、確かに。見た目も心も美しくいるためには、とっても大切なことばかりですね。

自分を助ける手と他人を助ける手のバランスも大事。

 

この3ヵ月は、自分でも「こんな時こそ絶対行った方がいいんやって〜。」と、わかっていたけど、時間にも心にも余裕がなさすぎたのか、ほとんど行かなかった行く気にならなかった山。思えば重症。笑

山を歩いたり走ったりすると、腕を大きく振るので肩凝り知らずなんですよね!☆

 

だけど今は、肩や背中の凝りと痛み、自分でも目を疑うほど狭すぎる関節の可動域…今になって後悔、そして反省。

 

結果的に満たされていなかった承認欲求

 「誰かのために役立ちたい」

「相手の顔を立てなきゃ」

「最終的に自分のためになると信じて」

休めない欲求不満と、運動できない欲求不満と、思い通りにならない欲求不満。

あまりのタスク量と頭脳疲労で、どこが始まりだったのか自分でもわかりません。笑

 

名言集左上の怖いひと、、きっとこのお方でしょうか。

(参照:名言ランキング)audrei

 

その横にはこちら↓

f:id:myorganic:20210105160220j:plain

なるほど、これも納得!

お金をどんどん稼ぐようになると税金たくさん取られるのが嫌で貪るようになっていきますもんね。

頭がいい人は他人のことを最終的に「アホ」だと言ってしまうし、、

美男美女は異性を見た目で判断しがちで、高飛車な性格に問題アリかもしれません。

いつもボヤいてばかりの人は何かしら持病持ちだし、

口でうまいこと言っても目の奥の嘘を周りは見抜いたりしてますもんね。

 

ただ、私の記憶によると、今年84歳になる母は事業主経験もないし、特に滅びた過去がないと思うが、、

あ〜そういや“滅びた人の話・滅んでいきそうな人の話”は子供の頃から良く聞かされたものです。

 

当時の母の仕事は「越前和紙の紙漉き」に「眼鏡」に「繊維」にと、高度成長期でどんどん会社が大きくなり、いい車に乗って羽振り良く、まさにバブル真っ只中の話ばかり。

現に、働いていた職場はどれも確かに今はなく、滅びている⁉︎というか、時代の流れでそうなっていたというか。

でも、滅びたかどうかの解釈は、他人が勝手にしている可能性があり、いたって当人はちょっと交友関係が変わったかな〜くらいしか思っていないかもしれないしな〜。

 

長所の扱い方を知るということ

他人からの評価で自分の価値を決めるのは正しい方法ではないと思うけど、自分の得意なことや能力のメリットデメリットを知る、そしてそれをどう扱うのか?

これは身に付けたいところ。今後のセッションにも生かして生きたいなぁと思いました。

 

パーソナリティバランスセッションでは、自信のない人が自信を持てるようになるために、その人の能力や長所などをお話しているので、“滅びる前の兆候”にも気づけるかもしれません。

  

冷蔵庫には他にも、仏教の『丁度いい』、『自戒』(これは我が家にもある)も貼ってありました。

 

この歳になっても志高く、友人たちと元気に生きている母を見ていると、

例えば私の30年後は、こんな風に過ごしていれるのだろうか?と思います。

いろんな意味で、すごいな。

 

ちなみに私が、1回でうまくやろうとする娘によく使う名言は、

『失敗ではない。うまくいかない方法を発見したんだ』by エジソン。です。

 

若い頃、度胸がなく背伸びばかりする自分によく響いた名言は、

『自分が思っているほど、他人はあなたに興味はない』だったな。

 

最近は、『プライドは自分の中に持つものであり、他人に見せるためにあるのではない』とか。

他にもたくさんの名言をひっそりと心の中にしまっています♡

皆さんも、心に響いた言葉は“ポチッ”といいねで終わらせず、日記や手帳に書き留めてほしいと思いました。

 

現実に戻り、今年のSachiyoは、疲労困憊の微熱からスタートしています。

良い認証organicアイテムも、自分の心も、扱い方しだいやな。

弱い自分をもっと自覚しながら、変わらず大好きなworkoutを続け、精神力を鍛えていきたいと思います。

もっと早めにセルフケア。ですね!汗