my organicのブログ

一人ひとりに合ったバランスで酵素を取り入れる、新しい食のスタイル。

何気に似てくる思考パターン⁉︎

先日、毛髪ミネラル検査の結果考察をしていて、ふと気がつく。

あれ?この御三方、カドミウムの数値が低いよ。

「よかったぁ!蓄積されてないんだ〜!」ではないんですね…これ。

f:id:myorganic:20190218120738j:plain

毛髪は、体内に溜まった毒素や老廃物を排泄するのに4番目に大事な手段のひとつです。

1番は便、2番は尿、3番は汗、そして毛髪、爪と続きます。

なら、1番目がいいんじゃないの?ってなりそうですけど、、便は昨日や一昨日、いいとこ数日間程度の状態しか知ることができませんよね。

血液検査も、前日の食生活に大きく影響を受けてしまい、平均していつもの体調を予測するには力不足です。

 

毛髪は1ヶ月に約1cmしか伸びないけど、その人の排泄状況を知るにはもってこいの“記録紙”なんですよ☆

 

毛髪ミネラル検査で採取する部分は、根元から3cm分のみ。

そこには、食生活やストレスなどを含む約3ヶ月間の情報が詰まっているので、ほぼ平均して過去の栄養状態を予測することができ、私たち栄養アドバイザーにとってはありがたきツール。

反面、アドバイス後の成果をチェックすることもできちゃいますからね、、

 

よくある「このサプリはいいですよ〜!ほら、こうやって内容成分も科学的に分析さているし、結果もこんな風に出ています!医者や専門家も推奨しているんですよ〜♪」などと言われたので、なんだかんだ高価な健康食品をなんとな〜く摂っている。のとは訳が違います。

そう、ごまかしの効かない検査でもあるのです。

自分の腕を試される、そして逃げられない。そこが楽しい、マゾヒズム。笑

 

この老若男女3名さま。

20代前半〜40代前半で、筋トレ大好き、ダンス大好き、運動大嫌い。

また、負けず嫌いの強迫的神経質さん、責任感の強い楽天家リーダーさん、自分に厳しい躁鬱病克服経過中さん。

 

ちなみに、3名とも『何らかの栄養不足または過剰により、カドミウムがうまく排出されておらず、体内蓄積されたままである』とみました。

※どなたも喫煙者ではありませんが副流煙環境のある方はおられました。

 

カドミウムは、WHOでは第1級発ガン物質で、環境ホルモンに指定されており、性ホルモンに似ているがそうではない働きをするため不妊の原因にもなっています。

そして、なんと言っても世界最大のカドミウム消費国は我が日本!

主にタバコや排気ガス・魚介類の肝・顔料・玄米や農作物に獣肉・これからグンと増えてくるPM2.5にもたくさん含まれています。

カドミウムの吸収率はわずか1〜6%だけど、一度体内に入ると半減期は10〜30年とされていて、当然この個体差は“排泄力の差”でもあります。

 

この3名は今のままの栄養状態では、おそらくこのままうまく排出されず腎臓(50%)・筋肉(20%)・肝臓(15%)骨・甲状腺といった部分に蓄積されていきやすいということになります。

主な症状は、頻尿・多飲・便秘・筋力低下などでしょうか。。

 

さて、話は変わって、先日久しぶりに月刊URALAの撮影がありました♪

今回は、“腸活”に関しての記事だそうですよ。今月末発売の3月号に載せていただく予定です♡

f:id:myorganic:20190205143425j:plain

f:id:myorganic:20190205143138j:plain

“腸活”という響きだけを聞くと、私たちは簡単に排泄力を変えられると思いがちですが、実際のところは、食べ物やケア用品で素直に変化していける人って、案外少ないのではないでしょうか?

食べ物やケア用品を体内でどう活かすか?ここがいちばん大事!

それは、『栄養運搬の邪魔をするものがない=有害ミネラルが蓄積されていないこと』が大前提のような気がします。

 

気質やDNAは変えられずとも、その人の物の見方や考え方、性格傾向は大いに栄養状態に左右されるということ。

それはまた、自律神経に大きく影響を受けてしまうという事実がある限り、どんなに日々の食べ物にこだわったところで、有害ミネラルやストレスの大きな影響力によって、いとも簡単に台無しになってしまうのです。

 

ってなわけで、こんなに彩りきれいでバランスの良い食事を食べても、要は栄養素分解されず、吸収されてなかったら??

f:id:myorganic:20190216184711j:plain

何を食べたって一緒じゃ〜ん。好きなもの食べればいいんじゃね〜??という結論に到達したあなた。

それはそれで、そうじゃないんだな〜。

 

こと、吸収力のいいものってなぁに?

食べ物以上に分子の細かいもの。

 

それは、化学調味料や添加物に含まれる化学物質、薬剤や抗体、毒素やウィルス、細菌や炎症、時には未消化のタンパク質だって、栄養素の運搬の邪魔をする。

有害ミネラルは、こと栄養吸収に必要なビタミン・ミネラル・酵素などの一部になりすまし、私たちの体内に留まります。

 

車のオイル交換をして快適な走りになったら、もう二度とオイル交換をしなくていいなんてことはないんですからね〜!

ヘッポコ代謝でパッとしない人生よりも、年相応の代謝と健康的な思考でイキイキしてたいですよね〜♡

 

自分の身体が自分の思い通りにならないっていう人、『毛髪ミネラル検査&考察』おすすめします。