my organicのブログ

一人ひとりに合ったバランスで酵素を取り入れる、新しい食のスタイル。

情報は買うもの

2016/6/18

私15年間以上オーガニックワイン飲んで生きてきましたけど、全て偽物だったと判明した日。

organicの食材、生活用品、コスメなど、そこそこいい感じに極めてきていると自負していたんですが、お酒の世界はほぼ無知に近いわたし。

それは、私が特にお酒好きではないことも関係しているのかもしれません。

なぜ、好きではないのかというと。。悲しいかな味ではなく、化学物質過敏症もちだということ。

なので、飲みたくても身体が辛くて楽しめない(T_T)

それは、発酵の際に使用する酵母や保存料などに過敏に反応してしまうからなのです。

クシャミや鼻水というわかりやすいリトマス人体!てなわけです。笑

 

ここ数年は、小麦やカフェインなどのアレルギー物質と上手く距離を置いているので、もうほとんど症状はでなくなりましたけどね♪

でも、お正月や友人とのホームパーティなどでは、大好きな白ワインをオーガニックもので調達します☆3杯以上飲むのとやっぱり身体にきます。(注意:歳ではないですから、たぶん)

 

そんな中、先日、知り合いにリクエストして連れていってもらったBioワインバー。

目からウロコどころか目が飛び出しそうな正真正銘のオーガニックワインでした。

Wineツウではない私でも、完全に違いが分かりました。限りなくジュースに近い、そして発酵途中のせいかシュワッというかピリッとくる。もちろんプラセボはオフで。

 

このBioワインバーの店主のこだわりはものすごいです。

ぶどうを求めて2年間フランスへ行く…。正直、私の周りはそんな人ばかりなのでそこは驚きませんでしたが、やっぱり彼の選ぶもののレベルの高さ!…いえ、私はレベルのことは全くわからないので、正式には比べものにならない味や風味の、その違いですね!3種類いただきましたが、どれも個性がはっきりとしていて、とにかく感動♡

 

今後"オーガニックワインのこと"なら、この方に訊いて間違いない!と思いました。

今後、そのBioワインをつくる農家さんを支えるために、今秋彼がオープンするBioワインショップで購入しようと思います。

 

適当なことを言うと、こだわりの店主に怒られちゃいますね。ブログに書いてよかったかな、、ちょっと怖い(^^;)

 

でもこの時、素直に感じたこと。my organicのいつもの原点に戻りました。

オーガニック認証マークがたくさんついているワインやコスメ(製品)は山ほどある。

でも、本物はその中の1割にも満たない。

まさに!

 

my organicのworkshopやセミナーなどの勉強会、そして各種カウンセリング、セラピーは、organicにもっと高い意識を持ちたい、自分という人間の質を良くしていきたい、と願う方には是非とも参加してほしい、そして参考にしてほしいと思います。

今や、単なる情報はあらゆるところから手に入れることができますが、ほとんどがメディアやSNSによるもの。またはそれらのコピペ情報ばかり。

その先には、必ずと言っていいほど大企業への経済効果だけである側面が多く本当に残念ですね。

実際に日本では真の意味でオーガニックが広がらない=価格が下がらない現実が、その答えを意味しています。

 

万人に合うやり方など存在しません。

『正直な情報はお金で買うもの』

その行動は自分にとって必ず"実践"というかたちで自信を与えてくれますし、やり続けていれば自然と取捨選択の技も身につき、気が付けば自分でできるという責任感と共に満足感=幸福感も芽生えてきます。

 

私があなたを変えることはできません。もし、あなたが変わりたいと思うなら、自分で選んで決めて行動するしかないんです。

 

例えばworkshopなどでインプットした情報を、友人や知人へアウトプットするのもひとつ。自分の言葉が自分の耳を通して再度深い部分へと落とし込まれていきます。

 

my organicでは今後もっと、本物志向の人を応援できたらと思っています。

そのために私が今できることは、私一個人が考えている、ちっぽけかもしれないけれどできる限り正直な情報の提供と、商品の提供、そしてそれらをmy organicから買ってもらうこと。それだけです。

 

情報はお金で買わないと大いに降り回される時代に入ってきたと感じる今日この頃です。

f:id:myorganic:20160618201459j:plain

あ!この日いただいたワインはどれもクシャミなんて出ませんでしたよ!

ウサギのテリーヌ。豚にこだわったベーコンや生ハムも、ピクルスも最高でした。

大阪梅田にある「gloriette」出逢いに感謝☆ありがとうございました!