my organicのブログ

心理学と栄養学から見えるorganicのこと

my organicが、オーガニック商品を選ぶ基準にしているもの

 

my organicが、organic商品を選ぶ基準とは?

 「値段のわりにすごく良い!」という主婦目線をまず大事にしています。笑

① 世界のオーガニック認証機関の厳しいガイドラインに沿った認定商品であること(無農薬・無化学物質・非遺伝子組換え)
② 高純度で高品質なもの、いわゆる有害物質混入のない安全性の高い原料から作られたものであること
さらに
③ 価格と内容成分のバランスが最適なものであること!

my organicオープン以来揺らぐことのない基軸を持つことで、あらゆるライフシーン・体質を持つ方に胸を張ってサービスを行うことができています。

オーガニックの中にもグレードがある

近年、世界的なオーガニックブームにより、たくさんの食品やコスメが、自然志向の店舗やスーパーにもに並ぶようになってきました。配合量も多い方が理想ですが、国によってのガイドラインはさまざまで、製品の安全性と安定した保存のために多少の添加物の混入を認めている機関などもあります。

その規制緩和が広がり、メーカーは大量に生産し、原料のみがオーガニック、それ以外はケミカルな原料としているものもあります。認証マークのついたオーガニック製品は、全てがそうとは言えませんが、無添加・自然・天然・有機・オーガニック」という表示だけで判断しないように気をつけてほしいのです。

同じオーガニック商品でも価格に違いがある理由

それは「生産・加工製造・輸送」などの管理体制の違いです。オーガニックメーカーが世界中に届けるために大量に生産、販売ルートを確保しました。しかしPSIバランス(生産・販売・在庫)を保つために、格安販売専門業者などへは高コストな空輸ではなく低コストなコンテナ船による輸送しています。

コンテナ内の温度は約40~50度、衣類やインテリア品なら問題ないかもしれませんが、デリケートなオーガニック食品やオーガニックコスメが約1ヶ月放置されるのです。

こうした並行輸入は格安ですが、一方で偽物の疑いも多く、品質、色、香り、酸化の進み度合いなどで同じ商品でも大差があると言われています。

※認証マークを取得するために、原料生産者には品質管理のために第三者機関による厳しい抜き打ち審査があります。

そのためmy organicでは、お客様に安心してお使いいただきたいため、当認証マークのついた正規輸入品のみを取り扱い、製品本来の価格で販売しています。

そもそもオーガニック商品を扱う理由

 

本物志向☆ それは=大地・環境・動物・人体への配慮がなされたサスティナブルな考え方を持つもの

① 地球に生きている限り地球の味を食べていたい生きたもの良いものを選ぶことで他を生かすこともできるという考えからです。
② 安全で確かな商品を自分の体内へ取り込むことは、味覚が整い本来の自分へ引き戻してくれます。
③ my organicの商品と同じものを、ネットショップや他店でも買うことはできます。

手に入れて消費するだけのオーガニックでも、健康状態を一時的に良い方へ向かわせてくれます。だけど、より的確なアドバイスはしてくれません。

健康レベルを引き上げたり日々の心の使い方や人生への向き合い方をも変えてくれる可能性を秘めた認証オーガニックアイテムは、私たちの心に余裕をもたせ豊かなものにもしてくれます。

オーナーが20年間愛用している「miessence」というコスメブランド

 ACO認証・USDA認証!世界で一番オーガニック成分に正直で、口に入っても安全なレベルのコスメ「miessence」より、スキンケア・ボディケア・ヘアケアなど50製品をオーストラリアからあなたの自宅までお届けします。

私たちはこれらの購入により環境保存活動にも参加できます。

miessenceの購入はこちらから⇒マイエッセンス公式サイトf:id:myorganic:20201117145746j:plain 

「そんなにいいなら使ってみようかな〜?」「届くまで待てない、今すぐ欲しい!」など、お試しで購入したい方、またサイトで注文してもオーストラリアから自宅へ届くまでの間(2〜3週間)に今のがなくなっちゃうし待てない…という方のためにmy organic店頭でも販売しています。