my organicのブログ

一人ひとりに合ったバランスで酵素を取り入れる、新しい食のスタイル。

雛祭りの美しい思い出

ちょっと出先のお宅で、驚くことに、とても懐かしいものに出逢いました!

それは、今は無き子供の頃に飾っていた『5段飾りのお雛様』にソックリな雛飾り!

引き込まれるほどの美しさ☆

思わず写真を撮りまくり。でも、どれだけ見ても細部まで本当にソックリなんですよね~。

私のは、昭和12年生まれの母が子どもの頃ですら、明治40年生まれの祖母から受け継いだという、一人ひとりが手のひらサイズの古びたお雛様でした。

でも、この再会したのはとても綺麗♡なんで!?

f:id:myorganic:20170303105843j:plain

それで、毎年この時季になると思い出す、ちょっと変な話があるんです。

 

私の生まれた実家は、まさに"田舎の大きな家"

無駄に大広間があり風通しが良く、夏は涼しいが冬は我慢地獄。

真冬の外は0℃!なのに私の部屋も0℃!?という。笑

そんな寒~い座敷に、毎年節分が終わると恒例の5段飾りお雛様を出すのが、当時の私の楽しみでした♪

 

あの頃ですら、3人官女の手はグラつき、大臣の弓かなんかは既に紛失し、5人囃子の髪はハゲ散らかってましたね。笑

でも、大事に大事に箱からそ~っと出し、3月になればまたそ~っと紙に包んではバッチリ元通りにしたものです。

 

そんな作業をしなくなった13歳。

中学生ともなると「お雛様はもう子供っぽいし~」と、飾ることをやめてしまったんですね。

そして2年目も。でも、ちょっと気がかりだったのを今でも覚えています。

 

すると、ある夜から毎晩、箱の中でお雛様たちが泣いている夢を見始めたんです。片付けたままの段ボールがあるあの場所の映像まで夢に出てくる。。

何夜何夜も続けて見たので、試しに母に言うことにました。

 

私:「ちょっとぉ!お雛さんが夢に出てきて泣くんやけど!」

少々クレームっぽい口調は反抗期のためです。笑

母:「は?ほんとけ!?なんやのほれ…でも…ほれはかわいそうやなぁ~、ほやけどアンタももう高校生になるしのぅ。使わんのならどんど焼きで燃やした方がいいかのぅ?供養してあげよっさ、のう?」

私:「うん…ほの方がいいと思うわ。忘れんといてやっ!」

(おまえがや!笑)

 

という訳で、翌年に供養しました。

当時も、今思い出しても、不思議とまったく怖くないし、それは当然でしょう。としか思えない。

供養しようね、と話したその夜から夢も見なくなりました。

 

思春期&反抗期真っ只中の春。私はそんな体験をしたことで、見えない何かはきっとあるのだろうな…と思ったのでした。

 

きっとこれから娘も同じように反抗期を迎え、お雛様を忘れ去るかも知れない。その時が来たら話そうっと。

 

今年も『お雛様お寿司ケーキ作りました♡

娘大大大喜び!私も早く食べたいな~♪

f:id:myorganic:20170303105524j:plain

ピンクソルトとアップルビネガーのみの酢飯に、冷凍しておいたビーツのピューレでピンク色、グリーンはホウレン草ピューレで。

ホルモンフリー鶏ミンチを古式醤油・ココナッツシュガー・ジンジャーパウダー・ガーリックパウダー・黒ごま油で煮て、北海道産の天然イクラをトッピング☆

f:id:myorganic:20170303105418j:plain