my organicのブログ

心理学と栄養学から見えるorganicのこと

「できている」ではなく「できたことがある」にしがみつくと自分を超えれなくなる

なんのためにセッションをするのか

my organicでは、以下の3つのコースより様々なセッションを行っています。

 

◉食と栄養について(外側から)

◉身体の機能について(内側から)

◉心と魂について(自分という本質から)

 

どのコースもorganicな考え方やライフスタイルをもっていますが、

「より自然に」(ナチュラリスト

「より少なく」(ミニマリスト

「みんなよりよく」(持続可能なSDGs

というよりは、

それらを発信している自分自身はどうなのか?から始めるセッションです。

 

自分さえ良ければ良いなんてことは当然含みませんが、

自分が良くなかったら周りもより良くならないのでは?ということは含みます。

 

私たちは自分自身の問題を横に追いやったまま、家族や他人の問題、社会やシステムの問題に取りかかることなどできないと思うのです。

人は自分以外の何かを見つけては、自分を投射してやり直そうとしますが、

そここそ問題をこじれさせる根源となってしまいます。

 

人生の主人公である自分を磨くとは、自分の本質に良いことを実践し続けることであり、

自分にとって、その方向が間違っていないこと。

きっとこれが一番なにより最も難しいんですよね。

解釈という高い壁が個人個人を隔てるからです。

 

自分とは、人と関わっていく対人関係でしか学ぶことができません。

他人を知るには自分の解釈の仕方を知る必要があり、

物事を正しく解釈するには自分の主観の根底を知る必要があります。

 

自分色に染めながら知ったことを「正しい知識」とは言えない

昨今、少数派が何かの真実を話せば陰謀論だと言われ、メディアに疑問を持つことを話せばデマだと言われていますが、

2021年になって、何かを救うはずのそれは、戦後最大の薬害事件となりつつあります。

 

平和や幸せを感じたいだけの一人ひとりの人間のテーマが、

楽しむこととは=飽きることなく消費し続け貪欲に求めること

や、

生きることとは=次々と問題が起こりそれに“自分らしく”関わること

になってしまっています。

 

それはつまり、自分は自由だと信じながらも摩擦を起こすことなく期待に沿うよう行動することであり、 できるだけ他の人と密着して安心感を得ようと努めているにも関わらず誰もが孤独である。ということを現しています。

 

また言い換えれば、私たちは希望を失わずにそれでいて永遠に失望しているようにも見えます。

 

セッションにおいて、オリジナルテストの質問でも、

心と魂の声に正直に答えることができなくなった人たちがいます。

誤魔化しながら、仮面を被りながら生きてきたつもりなどさらさらないのに、です。

 

そういった人は、永遠に『心理テスト』などできず、常に無意識に(本当は深層意識的に)理想を答えてしまいます。

「できている」ではなく「できたことがある」にしがみついてしまうのです。

 

私たちは皆、幼少期に親から良かれと思って与えられた言葉や、人生に迷った時の案内図のようなものを持たされ“自分なりに”頑張ってきています。

 

それらが私たちを過去に縛りつけ、理想の自分へ成長することを大いに阻むことがあります。

そんな自分たちがつくった世界・社会・地域・家族は現在のこれです。

 

目標を見失わないように 

セッションでは、あらゆる心理学思想者のまとめを組み込んでいます。

フロイトの思考、ユングの創造、アドラーの共感、エリックバーンの判別と判断…など。

 

白状しますが、例えば24個ある禁止令(制限のようなもの)のうちの13個を持っています。(いました)

生存・人間関係・自己・能力・安全に関するそれらは、

乗り越えようとしたり無くそうやっつけようと思っても、できるものではありません。

それでも自分の身の丈を正直に評価し、自分に謙虚に向き合い続けていれば、ようやく手にできるものがあるんですね。

それを自己コントロールやセルフコントロールと言ったりするのでしょうか。

いえ、そんな簡単で聴き慣れた言葉では表現できないように思いますが、、

 

24のうち、

18歳で5つを意識し始め、20代でコントロールできるようになったものが4つ。

20代で15個ほど気づき、30代でクリアできたものは、たった1つ。

30代後半でさらに4つ気づき、40代でコントロールできるようになったものは5つ。

 

残りの3つは、未だにしっかりと持ち続けていて、合計13個です。

それはすでに知っているし、頭でわかっているし、自覚も意識もできる。

だけど、毎回コントロールできるわけではないし、どうしてもクリアできない部分があるのです。

『できている』になるには、日々の良いトレーニングが大前提で、それを結果的に習慣とします。

 

今もしっかりと自覚を持ち、お仕事をさせていただいてますが、

正直、それがあることを恥ずかしいとは思っていません。

何かが完璧でなかったら自分の価値が下がるとは思わなくてもいいと思うからです。

 

時に気づかせてくれるのは苦手な他人。

できるようになったのは苦手な他人と関わったからに他なりません。

自分独りでは何ひとつ成長できないと言うことです。

 

闘うとか逃げるという白黒判別思考は成長をピタリと止めてしまいます。

 

そう言えば、先日もまた。

しじゅうを超えてから、後ろ前外出歴3回の私。笑

何かに突き動かされている時は、人間ってそうなっちゃうもんですよね〜。

 

「完璧なんてムリ、だけど…」

「カンペキにしようとは思っていない、でも…」

「出来なくてもいい、けど…」

「やっぱり…どうしても許せない」

誰もが根源として持っている深い不安感と激しい憎悪感。 

 

誰にでも認めたくはない出来事があります。

いろんな言葉で自分を慰めて、あらゆる物質的な時間的な贅沢を手に入れても、たくさんの人に囲まれて過ごしていても、孤独感と恐怖感。

出来たことには厳しく「まだまだ私なんて」と言っているのに、出来ないことは「やらない言い訳」をしている。

 

今日もまた、孤独と向き合うのが怖くて、自分磨きのふりをしている。

そんなこと、誰だって一緒〜!

 

my organicは、

あなたを変えることはできませんが、あなたが自分で変わろうと決意するなら…☆

f:id:myorganic:20210722142131j:plain

目標と方向性を見失わないように、横で見守りましょう。

 

8月お盆までのmy organic週末営業は、1(日)、8(日)の15:00〜17:00の営業です!

皆さんも素敵な週末を、お過ごしください♡

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

f:id:myorganic:20210730144308j:plain

 久しぶりの外食の帰り道、空がきれい。