my organicのブログ

心理学と栄養学から見えるorganicのこと

自分の内側にないものは、自分の外側から取ってこないと落ち着かない

先日は、小学校の懇談会でした。

担任の先生から、通知表をいただき、学校生活でのあれこれを伺いました。

春より行事も簡素化されているので、担任の先生と、まともに話すのは今回が初めてです。

f:id:myorganic:20210715102655j:plain

 

能力は、それぞれの場所で発揮してみるといい

ある日、書写の授業が終わってから、

娘は「筆の使い方がうまいね」と言われたそうで、

ある子は「筆の扱い方がうまいね」と言われていたそうなんです。

その子は、道具を大切に洗い、優しくしっかりと水気を取り、きれいにしまっているのだそう。

 

習い事が習字しかしていない娘は、お陰さまで新聞に載ることができたせいか、

本人は大喜びで、得意気にそう話してくれます。

 

良い筆を与えられても字が上手くなるとは限らないし、

100均の筆でも、まもなく欠点を掴み取り上手に書こうとする子もいます。

 

どっちが良いというのではなく、これも大きくなるにつれて適材適所として自分を表現していくことになるでしょう。

f:id:myorganic:20210716075621j:plain

筆、ものづくりひとつにしても、良いものをつくる人、それを使う人、使い方を教える人、良いものを探す人、見つけた良いものを売る人、良いかもしれないと思う全てを試す人。

 

また、使う人の中には、

一度上手に書けたらと言って同じ筆にこだわり続ける人や、

上手く書けなかったからと言ってその筆以外のものにこだわる人もいます。

 

ここには、対象物に対して“こだわりという意味づけ”をすることで、決めつけと思い込みという狭い世界観に入っていける自分を許しています。

 

この、私たちが日々行う『意味付け』とは、自分の外側で起こった出来事に対して、自分の頭の中だけで(脳の中で)判断し決定することを指します。

それらは回数が増える度に強化されたり、運命や人生をも左右するほどの意味を持ってしまうことがほとんどです。

 

意味付けや決めつけは、

良く言えば、狭く絞り込むことでより価値のある自分の一部を見つけたことになるし、

悪く言えば、主観だけで良いとする歪んだ価値へとさらに自分を追い込んでいくことになります。

 

先生が好きで(相性が良くて)成績が上がったり学校生活が楽しく感じられる。

だけど、先生が嫌いで(相性が悪くて)その逆になってしまったり、、

 

私も、中学時代の英語の成績が37点をとったことで「英語が嫌い」「英語は苦手だ」と思い込んでいましたが、

その後先生が変わり85点を取れた時、世の中理不尽だと腹を立てた過去があります。笑

 

ただ、先生が何度変わっても、ずっと95点あたりをうろうろしてた地理と地学に関して言えることは「それが好き」それだけなんだと。

 

多くの心理学者の中で、意味づけの素材になるものというのは、おおよそ7歳〜遅くとも10歳頃までには決まると言います。

ある心理学者は5歳だというくらい!

※素材になるものに関してはここには書けませんが、セッションでは一人ひとり詳しくお話しています。

 

子供は今からどんな風にも変わっていけますよね。

大人の声かけ次第、大人側の領域次第とも言えます。

 

大きく見せずに拡げる 

例えば、私自身の分子栄養学の学びでも、「見た、聞いた、知ってる!」

それだけで、分かったようになり。

実際に頭で分かっているんだからできると思っていたのに、上手くできない(思い出せないことも含め)ことが何年もありました。ぶっちゃけ。笑

 

ダンスもピラティスも、習字もピアノも、身体づくり心づくりも同じ。

一度できても、すぐまたできなくなるし忘れるし…。

 

『自分が今できているもの』を大切に拡げていって欲しいのです。

 

拡がらないと、

分かっていないから簡単だと勘違いしてしまったり、

自分だってできていないにもかかわらず偉そうに言うことがあったりするんですね。

 

自分を信じていないと、人を傷つける

自分を信じていないと、その場しのぎになる

 

『なんとかなるさ』と『なんとかなるだろう』は違いますし、

『なるようになる』と『なるようになるだろう』の違いはあまりにも大きいのだと思います。

 

出てくる領域が違えば、結果も変わってきます!

 

教師もコーチングも、人を導くお仕事というのは、その人の人生を左右してしまうほどの大切な役割を含んでいます。

子供たちにはもちろん、大人にだって主観で決めつけず、のびのびと関わっていきたいと思いました♡

 

自分で考えることができること、自分で決めることができること、

自分の中に自信になる泉を持つこと。

 

つまり、自分の中にエネルギーの泉があれば、

自分の外側からエネルギーを持ってこなくても良くなるわけです。

大人になれば徐々にその”答え”が見えてきます。

 

他人からの評価が気になる

他人にどう思われているかが気になる

他人を悪く言って下げて自分を高く置いておかないと満たされない

自分が一番正しいと思い込む

言ってることとやっていることが合ってこない

という形で。

 

あなたはあなたであるだけで、もう十分なんです。

それ以上を期待したり求めるほどに、反対方向へ進んでしまうものです。

 

力を抜いて、本来の自分になろうとせずに、

自然となっていく、気がついたら力が抜けていい感じ〜。

支配されず、リバウンドしない、そんなセッションを目指しています!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今週末のmy organicは、18(日)15:00〜17:00の営業です!

日曜は、シェディング、対策、アフターケアなど、◯◯◯◯のお話しをますよ。

それでは、皆さんも素敵な週末をお過ごし下さい♡