my organicのブログ

心理学と栄養学から見えるorganicのこと

いろんな人の人生が素晴らしすぎる話

すっかり涼しくなったな〜と思ったけど、今週めちゃめちゃ暑いですやん!

ま〜たビーサン引っ張り出してきました。笑

 

毛布が暑すぎて眠れないほどの夜です。

何度目だろうか、『イニュニック』有名な写真家、星野道夫著。

20代後半の頃、彼の本をたくさん読んで写真に引き込まれ、イヌイットの住む世界を少しでも感じたくてカナダのバンフを訪れたことがあります。

さすがにアラスカのオーロラはまだ見たことがないけど、ムースにも出逢いたいしいつかはまた行きたいな。

f:id:myorganic:20201007092346j:plain

今はもういない星野さんの本を読みながら、父が今もし生きていたら、私と娘にどんな話をしてくれて、どんなことを残していきたかったのだろう。

 

例えば、父の苦しんでいた時代は、私はあまり知らない。。

たぶん私が小学高学年〜高校生1年生くらいで、そんな歳の私には何ひとつ想像がつかなかったし。

きっと最初は簡単な気持ちでお酒に逃げて、徐々にお酒に飲まれて、最終的にお酒に命を奪われていった父。

糖尿病で何年も患い、回復した矢先のあっけない医療ミスでした。

今振り返って思えば、「なんでもっと相手の立場になって話を聞いてあげなかったの⁉︎」と母親に対して思うけど、まぁそれがお互いにできなかったから父はいないんだし、、

 

野口健も大好きで、講演会で握手してもらったこともある。著書『100万回のコンチクショー』も面白かった!

本人の言葉で、その人の人生を知ったり聞いたりするのはとてもためになるしワクワクして楽しい。

 

MIYAVIもほんとすごい、カッコイイなー。

f:id:myorganic:20201007092741j:plain

気がつけば私、女性のエッセイ本はほぼ読んだことなくて、男性著者ばかり。

女性にも女性なりのカッコ良さがあるだろうけど、なんせ“スピ寄りすぎ”は好きじゃない。笑

 

こういった素晴らしい体験談を見聞きすると、

『自分が興味のあるあらゆるものを熟知できるほど人生は長くはない』心から、そう思います。

 

だけに『どれだけいろんなことに興味があっても、好奇心の赴くままにあれもこれもと手をつけたり、それをしたところで短い人生の中で何ほども突き詰めることはできない』って話に前回なったんですけどね。

 

 

著者たちの人生経験をそして成功までを読み進めていると、

それは擬似体験にも到底至らないかもしれないけど、こんな私にも自分でもがき苦しんだ時代がいくつもあって、歯を食いしばって向き合ってきた逃げない過去があり、それを自力で切り抜けた経験と喜びがあると、ちょっとは心にも響きます。

悔しい数が多い分、いろんなフラッシュッバックがあったりもする。

 

過去に決着が付いていない事柄や、もうこの世に実在しなくて本人からちゃんと聞けなかった事柄などに触れると、涙が溢れてきたり。

逆に、自分のどんなに苦しい過去の思い出を思い返しても、もう涙は出てこなかったり。

これは自分なりに乗り越え納得したからでしょう。もう済んだこと。

フェーズが上がったのは嬉しいことですね。

 

30代半ばまで自覚なかったんですが、側から見るとSachiyoはオタクだそうで。

my organicを始めてからはオタクを認めることにしました。

時に、努力家だね〜っと言ってもらえたり、引くほど関心されることもありますが、そんな超絶極めてる人は巷にゴロゴロいるので私にとっては普通のこと。

できてるかどうかは別として「自分に負けたらアカン!」が母の口癖。

 

若い頃は、努力=苦労みたいな感覚でしたが、数々の経験を重ねていくうちに、それは全然ちゃうな、と思うようになりました。

 

苦労とは「思い通りにならないことを受け入れられない器の狭さの現れ」で、それは甘えなんだということを知り、自分の感じ方受け取り方次第でどうにでも語れる。

自分の甘ったれ具合いに腹が立ち、、余計にアリ地獄化してたっけな。笑

 

それに比べ、努力というのは「湧き上がる疑問や質問を立証すべく何かに興味を向け、目的と目標を持って勉強したことの結果」でもあるけど、

「自分の身の程も知らず偉そうに言いたいのなら、言えるレベルまで自分をあげる訓練をすること」も努力のひとつなんだとわかった。

歳をとれば誰もが勝手に成長するわけではないことを知った。

乗り越える壁は、やっぱり、いくつになっても自分自身なんだな〜と。

  

自分を探し求め遠い世界へ出ていく人も多いね。

遠くへ出てみたから見えてきた自分がある、ただ、それが近道かどうかは分からない。

結局のところ、本当の自分は自分の足元にくっきりとあるんじゃないだろうか?

 

新たな挑戦をすれば、またカッコ悪い自分を見てしまうかもしれない、立ち直れないほど地獄に落ちるような気持ちを味わうかもしれない、でも勇気と希望をもって現状に挑戦し続ける。

そんなmy organicのSachiyoでいたいな。

  

どんな時も、目の前のことに素直に向き合い、日々の実践のみが自分自身を成長させてくれる!と信じて、整理しています。

 

 

新たなウィズコロナ時代に、自分に起こっている出来事。

向き合ってターニングポイントにしていくのか?

それとも躱し続けていくのか?

 

今の人生をもう一度そのまま繰り返しても構わない

そう思える生き方ができたら成功かな!笑