my organicのブログ

一人ひとりに合ったバランスで酵素を取り入れる、新しい食のスタイル。

目的別のアレルギー検査

花粉症の症状が出てない喜びもつかの間。

今日あたりから本格的な痒みに襲われています、、鼻から空気を吸い込むだけでムズムズ…くしゃみの連発です。泣

仕事前のトレッキングは、しばらくおあずけかな。トホホ。。

 

こうなると、食事からサプリからもうありとあらゆる角度から見直したくなるのは人間の心理。

もう遅い感もあるので、症状緩和の応急処置として鼻の穴に手作りのペパーミントバームを塗り塗りしとくことにしました。笑

organicのエッセンシャルオイルの爽快感は、その辺のハッカ油ものと比べ強すぎないのでだいぶ落ち着きますね〜♪

 

サプリメント飲む人の代謝状況によって何が合うのかは慎重に選ぶ必要がありますが、プロバイオティクスやケルセチンに、ビタミンDやブロメラインなど…改善対策はいろいろあります。

 

さて、アレルギー検査と言えば、一般的なのは「IgE抗体検査」ですね。免疫グロブリンのわずか0.001%で血中に存在)これは結論から言うと、大して役には立ちません。。え〜⁉︎

 

なぜならIgE抗体検査は、即時性の超過敏症を視るものなので、エビやお蕎麦を食べて数分〜数時間以内に痒くなるとか赤く腫れるなどの反応が出るケースへの確定。アナフィラキシー反応には必須ですがね。

ただ、体調が悪い時にはあらゆるものに過敏になりやすいため、当然そんな時の血液を採取すれば抗体やヒスタミン濃度も濃く、より多くのものに対してアレルギーであることが判明します。

そんなタイミングで検査したら食べるものがな〜いと、路頭に迷うこと間違いなし。

 

変わって「IgG抗体検査」(免疫グロブリンの75%で血中に存在)は摂取して数時間〜数日かけて反応が出る遅延性のアレルギーを視る検査。

私たちは何かを摂取した後、すぐに不快な症状が出るのもは自然と避けるようになります。(これIgEのことね)

問題は、例えば昨日の夜に摂取したものが1日置いて、今日の夜から不快な症状が出た場合、それを疑うことができますか?何を食べたのか思い出せないくらいの人もいるっていうのに。笑

 

①IgE抗体検査は、抗体があるかどうか?をみるもので、除去食を行っていきます。

②IgG抗体検査は、なぜ抗体ができるのか?をみるもので、免疫システムを再構築していきます。

変わって

③「IgA抗体検査」(免疫グロブリンの15%で小腸で作られ腸内に存在)は、腸内のバリアがどのくらい壊れているのか?をみるもので、数値が高いと免疫機能は亢進し、低いと機能低下しますから、プロバイオティクスなどで腸内環境を整えるのが先です。

 

何れにしても、過剰な抗体を作って守らなければならないほど、ダメージを受けているのはどこなのか?

自分のポンコツなところを知るのです。

 

私の娘は、私自身の授乳期の食事制限(あくまでも推測においての)で、よく太りはしたものの乳児湿疹は出ませんでした。が、生後5ヶ月を過ぎた頃の『お食い初め』にて、私が食べた牡蠣やホタテが原因で、その母乳を飲んだ娘は数時間後にまだら模様の紅斑ができ、さらに小麦を食べた日の母乳では数日後に湿疹とひどい乾燥肌になったことで、さては??と仮定しアレルゲン除去を徹底したのでした。

 

それから1歳半頃に念のため挑んだ血液検査では注射針がうまく刺さらないことで一旦断念し。(保育園からも何度か検査結果を催促されましたが、信憑性にかけるデータはパフォーマンスに過ぎないし…と。笑)

なんだかんだ除去食を続けること現在まで約7年間。

 

肉・魚・卵(動物性食品)を食べさせたのは2歳半から。2歳ちょうどから保育園の給食で白味魚が出るので、それで十分です。

家庭での食事では、my organicに売っている調味料以外は使ったことないし、外食も5歳頃から。

あら?みなさん引いてますか?

 

もちろん!そこまで徹底できなくても良いですが、なにが言いたいかというと、0歳〜3歳頃はみんなリーキーガットだってことを自覚してくださいねってこと!

※大人も子供もリーキーガットの可能性がある人にとってタンパク質は毒でしかありません。未消化物には様々な毒性とリスクがありますので。

 

だから消化酵素ができあがる頃の3歳までは99%の除去食をし、現在でも我が家では小麦のパンやうどんも月イチ程度の楽しみです。

 

お陰さまで先日、6歳11ヶ月の娘が生まれて初めて「IgE抗体検査」をしました。

あんなに反応を感じ取っていた私でも驚き、13種どれもゼロだったのです!

むしろ驚異的な免疫だと、徹底した除去食を先生に褒められたくらい。笑

 

何はともあれ「なんでも食べれる子になるように今からいろんなものをあげてくださいね〜♪」という言葉を真に受けると、現代のようなアレルギー&落ち着きのないちびっこが増えるのかも知れません。

 

あなたのお子さんです。多数派、少数派、自分派、あなたが責任を持って選んでほしいと思います☆

 

昨日の夕食は、レンズ豆と根菜のミネストローネにパセリとEVオリーブオイルをた〜っぷりかけて♡(トマト缶+ベジタブルペースト+クミンシード+コリアンダー+シナモン+クローブ+味噌+ココナッツシュガー+ヒマラヤソルト)

アボカド&チェダーチーズにはブラックペッパーとスパイスソルトをふりふり♡ 

f:id:myorganic:20180325181305j:plain