my organicのブログ

一人ひとりに合ったバランスで酵素を取り入れる、新しい食のスタイル。

高GIなお芋は砂糖で煮ないで~!

秋冬には、甘くてホクホクで美味しいお芋がたくさんありますね。

薩摩芋に菊芋、ヤーコン芋や里芋、南瓜だってみんな大好き!

とは言っても菊芋以外はデンプン質の多い炭水化物なので高GI!
お米の代わりに、またはお米の量を減らすなどして調整して下さいね(*^^*)

 

今回は『里芋のりんご煮』をご紹介します♪

味付けは古式醤油のみ。まとめ役は生姜とニンニク。甘みは玉ねぎとりんごだけ。

材料:約3人分

・里芋…15個

・タマネギのスライス…小なら1個、大きめなら1/2個

・ニンニクのみじん切り…1かけ

・生姜の細切り…1かけ(私は巨峰粒くらい入れます)

・サンフラワーオイルなど…大さじ1/2杯(なくても良い)

・牛バラ肉…100~150g

・りんごの角切りもしくは銀杏切り…1/4~1/3個

・古式醤油…大さじ1杯

 

①下ごしらえとして、朝のうちに良く洗った里芋を"皮ごと"5~10分ほど湯がき、お鍋のお布団にくるんで夕方まで放置(せめて3時間)

②里芋の皮を剥く(指でつまむようにすればツルッと剥けて気持ちいい!)

③蓋つきの鍋にオイルをひき、タマネギ、ニンニク、生姜、牛バラ肉、りんごを入れ中火で軽く炒める

④肉の油が出てきたら、水または昆布水(利尻昆布5㎝角を500mlの水につけ一日置いた昆布だし水のこと)を大さじ2杯くらい入れ完全に蓋をして1分蒸し煮

⑤りんごやタマネギの水気が出てきて、まだお肉が赤くても剥いた里芋と醤油を入れたら、材料全部が絡まるようなイメージでひっくり返すように鍋を振り、蓋をして3分蒸し煮

⑥水気がなくなる直前に火を止め、再度ひっくり返し、ちょっとずらして蓋をしておく

⑦器に盛り付け、彩りサラダを添えたら出来上がり♪

 

コツは、薄めに煮て盛り付けた後に醤油を追いがけすること☆
オメガ3をたらせば栄養の吸収もグー☆

なんと10分でできる芋煮。里芋の代わりに、皮ごと乱切りにした薩摩芋やヤーコン芋、南瓜でもOK!菊芋なら低GIで更にヘルシー!

何なら『レンコンとゴボウと鶏肉のりんご煮』だって同じ調味料でイケます!

りんごがなければ柿やプルーンでもよし!

my organicのお客様は皆さんお料理上手ですから、飽きないように色々アレンジして下さいね(*^^*)

f:id:myorganic:20151110174522j:plain

お気に入りの器は、越前焼『風来窯』宇一郎くんの作品です。